[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「目標と目的をはっきりさせる」 アイスホッケー界のレジェンドが伝えたい「意識」

多角的なアプローチをしながら子供たちに成長の場を提供している
多角的なアプローチをしながら子供たちに成長の場を提供している

鈴木氏が考える「社会に出て活躍するために必要な意識」とは…

「BUアイスホッケー・アカデミー」は全国各地でクリニックを開催するとともに、今年度から「BUアイスホッケー・スクール」を開校。都内近郊を中心に年間30回を目安に、毎月3回ほどのペースで「オンアイストレーニング」「オフアイストレーニング」「講義」といった多角的なアプローチを行っている。開講日程などは、その都度、公式サイトで発表されると同時に参加者を募集。平日の開催が多いが、都内近郊の開催にもかかわらず、「栃木や山梨から来てくれる子供たちもいるんですよ」と鈴木氏は笑顔を浮かべる。

 スクールでは「心(=講義)」「技(=オンアイス)」「体(=オフアイス)」を意識したトレーニングを実施。「オンアイス」の面では、鈴木氏が自ら技術指導するほか、元日本代表トレーナーの内山朋彦氏、日本人唯一のNHL選手となった福藤豊選手(日光アイスバックス)、男子日本代表の三浦優希選手らも参加。「オフアイス」の面では、元日本代表トレーナーの佐保豊氏を中心に、走り方コーチの里大輔氏もゲスト参加している。「講義」では、BUラグビー・アカデミーの3コーチや、他競技の選手・OBを招いて多岐にわたる話を披露してもらい、様々な気付きや成長の場を子供たちに提供している。

「心技体、この3つのバランスやレベルが上がれば、競技者としての成功は近づくし、人間的にも成長できると思います。トップに行く選手や長くプレーする選手は、3つのバランスが取れている人が多い。元々体力がなかった選手でも、考え方がしっかりするにつれて、練習内容も変わり、体力アップを図れる。技術が多少劣っても、考え方が変わったり、体力がアップしたりすれば、選手としてのレベルは引き上がる。

 大切なのは、自分で目標を立てられるか、それに対する目的が何か、ということ。勝つことを目標としても、何のために勝つのか? アイスホッケーが上手くなりたくても、何のために上手くなりたいのか? 目標と目的をはっきりさせることが大切だと思うんですよね。それは年齢や置かれた立場で変わってくるかもしれません。ただ、最終的にスポーツに関わっているかいないかは別として、社会に出て活躍するためには、必要な意識だと思います」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集