[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

楽しみながら考える力を… 元バスケ日本代表が故郷・福島で伝えた成長のカギ

秋深まる福島・会津若松市。古い街並みが残り歴史溢れる城下町に18日、子どもたちの元気な声がこだました。声の主は、会津若松市立川南小学校で活動するミニバスケットボールチーム「川南ドルフィンズ」の小学1年生から6年生までの子どもたちだ。今年から「東北『夢』応援プログラム」に参加することになった子どもたちを訪問したのは、日本代表で活躍した渡邉拓馬氏。夢宣言イベントとあわせ、地元・福島の後輩たちにバスケットボールを楽しむ大切さを伝えた。

会津若松の子どもたちを指導する渡邉拓馬氏【写真:村上正広】
会津若松の子どもたちを指導する渡邉拓馬氏【写真:村上正広】

城下町・会津若松の子どもたちを渡邉拓馬氏が指導、最初に与えた金言は

 秋深まる福島・会津若松市。古い街並みが残り歴史溢れる城下町に18日、子どもたちの元気な声がこだました。声の主は、会津若松市立川南小学校で活動するミニバスケットボールチーム「川南ドルフィンズ」の小学1年生から6年生までの子どもたちだ。今年から「東北『夢』応援プログラム」に参加することになった子どもたちを訪問したのは、日本代表で活躍した渡邉拓馬氏。夢宣言イベントとあわせ、地元・福島の後輩たちにバスケットボールを楽しむ大切さを伝えた。

 朝9時半。新型コロナウイルス感染予防対策をしっかり行った体育館で、ソーシャルディスタンスを保ちながら座る約35人の子どもたちは、身長188センチの渡邉氏が登場すると驚きの表情を浮かべた。福島県出身の渡邉氏は、子どもたちにとっては憧れの大先輩。「バスケを30年くらいやってきました。そこで得た経験や思いを、みんなに伝えていきたいと思います。僕が言ったことにプラスして、自分で考えながら練習をしてみて下さい。自分で考えると成長に繋がります」とアドバイスを受けた子どもたちは、目を輝かせながらクリニックをスタートさせた。

 まず、渡邉氏が紹介したのは、変形鬼ごっこだ。ボールを持たない鬼が、ドリブルしながら逃げる子を追いかけるというもの。ただし、鬼も子も移動できるのはバスケットボールコート内に書かれたラインの上だけ。鬼は1人だけではないので、逃げる子も広い視野を持ちながらドリブルをして移動しなければならない。始めはやや表情の硬い子どももいたが、いつもと少し違った鬼ごっこが始まると、たちまち満面の笑みと歓声が上がった。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集