[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「やればやるほど上達する」 元バスケ日本代表がオンラインで子供に伝えた的確な言葉

バスケットボールの元日本代表・渡邉拓馬氏が7日、オンライン会議システム「Zoom」上で行われた「東北『夢』応援プログラム」の成果発表イベントに出演。福島県南相馬市の原町ミニバスケットボールスポーツ少年団の子供たち8人と、オンライン上で久しぶりの“対面”を果たした。

渡邉拓馬氏(左上)が「Zoom」上で行われた「東北『夢』応援プログラム」の成果発表イベントに出演した【写真:編集部】
渡邉拓馬氏(左上)が「Zoom」上で行われた「東北『夢』応援プログラム」の成果発表イベントに出演した【写真:編集部】

渡邉拓馬氏が「東北『夢』応援プログラム」のオンライン成果発表に参加

 バスケットボールの元日本代表・渡邉拓馬氏が7日、オンライン会議システム「Zoom」上で行われた「東北『夢』応援プログラム」の成果発表イベントに出演。福島県南相馬市の原町ミニバスケットボールスポーツ少年団の子供たち8人と、オンライン上で久しぶりの“対面”を果たした。

 東北「夢」応援プログラムは、公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた、年間を通して子供たちの夢や目標を応援するプログラムだ。「夢応援マイスター」を務めるアスリートや元アスリートが、参加する子供たちがそれぞれに掲げる1年後の目標に向かって、遠隔指導ツール「スマートコーチ」でサポート。1日限りのイベントで子供たちとの交流を終えるのではなく、離れた場所でも動画やSNSを通じて継続したプライベートレッスンが受けられるという画期的な試みだ。

 本来、1年のプログラムを締めくくる成果発表イベントは「夢応援マイスター」が子供たちと直接触れ合い、その成長を直接その目で確かめるもの。だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今回は成果発表もオンラインを通じて行われることになった。

 この日は原町ミニバスケットボールスポーツ少年団の活動再開前ということで、子供たちはそれぞれ自宅から参加。慣れないオンライン操作に戸惑う場面もあったが、画面からは子供たちの元気な様子がしっかり伝わってきた。昨年7月以来、久しぶりに目にする子供たちの姿に「夢応援マイスター」の渡邉氏は終始笑顔。「みんなとスマートコーチで繋がれた1年は、僕にとってもいい思い出になりました。今日はオンラインにはなりましたが、楽しみましょう」と呼びかけ、まずは家でできるトレーニングの紹介からスタートした。

 開脚したまま床に座り、開いた脚の周りにボールを転がす運動でウォーミングアップ。続いて、同じ姿勢のまま指先で小さくドリブルしながら、右脚の周りは右手で、左脚の周りは左手でボールをグルリと一周させるトレーニングに移ると、画面の中の子供たちはボールを操ることに苦戦の様子。家の中であちこち跳ねるボールに、渡邉氏も思わず笑みがこぼれた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集