[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「コンタクト飛ぶんじゃないかと…」 嵐の800mを日本王者クレイアーロンが貫録V2

雨ニモマケズ、風ニモマケズ、嵐の110秒を制した。陸上の全国高校総体(インターハイ)第4日は7日、男子800メートル決勝で6月の日本選手権を制したクレイアーロン竜波(3年=相洋)が1分50秒24で連覇。激しく雨と風が吹きつける悪条件の中、貫禄の強さを見せつけた。

貫禄の強さを見せたクレイアーロン竜波【写真:荒川祐史】
貫禄の強さを見せたクレイアーロン竜波【写真:荒川祐史】

直前に天候急変、激しい雨と風の悪条件で6月の日本選手権王者が連覇達成

 雨ニモマケズ、風ニモマケズ、嵐の110秒を制した。陸上の全国高校総体(インターハイ)第4日は7日、男子800メートル決勝で6月の日本選手権を制したクレイアーロン竜波(3年=相洋)が1分50秒24で連覇。激しく雨と風が吹きつける悪条件の中、貫禄の強さを見せつけた。

 レース後、引き揚げてきた選手からこんな驚きの声が漏れた。「コンタクトレンズ、飛ぶんじゃないかと思った」。海が近く、もとから風は強いが、この日は台風9号の接近があり、天候が不安定。晴れ間が覗く時間もあったが、800メートル決勝の直前に急変した。土砂降りの雨に、強い風が吹く。そんな難しいコンディションの中で号砲は鳴った。

「風は好きじゃないけど、コンディションはみんな平等。気にせずいこうと思った」とクレイアーロン。果敢に飛び出した石井優吉(2年=八千代松陰)を冷静に見極めながら残り1周の勝負所でギアを上げて抜き去ると、そのまま他の選手を寄せ付けなかった。降りしきる雨を一身に浴びながら「雨と風に負けず走った」と胸を張り、喜びをかみしめた。

 6月の日本選手権を制覇。高校生の枠を飛び越えた。胸の中には「今、日本で一番になんだなあ」という実感は生まれた。それでも「1回勝ったから、調子に乗るというか、上を見過ぎずに今まで通りやっていくことが大切」と不変を貫いた。今大会も「挑戦者じゃなく、追われる立場」と状況を冷静に受け止め、難しい天候の中で実力を発揮した。

 これが最後の夏。インターハイ連覇に日本選手権制覇と想像以上の3年間になった。「早かったですね」と笑い、「1年生で初めてインターハイに出て、3年間あっという間。最後に2連覇できて安心している」と安堵していた。

◇インターハイの陸上は4日から8日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集