[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

徳島をこよなく愛する鳴門・佐藤安里紗 減量と闘い、最後の夏に出した「最高の1m70」

陸上の全国高校総体(インターハイ)は7日、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで繰り広げられた5日間の熱戦が幕を閉じた。大会期間中は多くの徳島の選手が地元の声援を受け、躍動した。女子走り高跳びで8位入賞した鳴門・佐藤安里紗(3年)も、その一人。6日に行われた決勝、インターハイの大舞台で自己ベストを更新する1メートル70を跳び、最高の夏になった。

女子走り高跳びで8位入賞した地元の鳴門・佐藤安里紗【写真:荒川祐史】
女子走り高跳びで8位入賞した地元の鳴門・佐藤安里紗【写真:荒川祐史】

地元開催のインターハイ陸上女子走り高跳びで8位入賞

 陸上の全国高校総体(インターハイ)は7日、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで繰り広げられた5日間の熱戦が幕を閉じた。大会期間中は多くの徳島の選手が地元の声援を受け、躍動した。女子走り高跳びで8位入賞した鳴門・佐藤安里紗(3年)も、その一人。6日に行われた決勝、インターハイの大舞台で自己ベストを更新する1メートル70を跳び、最高の夏になった。

 ◇ ◇ ◇

 見慣れた地元の夏空が、過去の自分より2センチ高く跳ばせてくれた。

 決勝、1メートル70の3回目。失敗すれば終わりの運命の1本、佐藤は今までにないくらい集中していた。「自信を持って跳びなさい」。直前、恩師に言われた言葉を胸の中で反芻する。そして――。

「やっと、ちゃんと自分の思い描いたジャンプができた」

 成功。166センチの身長より4センチ高いバーを越えた。一段と大きな歓声が客席から上がる。自己ベストも2センチ更新。「もう、うれしすぎて……」。差し込む西日に、はにかんだ笑顔が光った。

 1メートル73は失敗したが、1メートル67、70ともに3回目で成功。逆境で強さを発揮した。決勝進出を目標にしていた舞台で堂々の8位入賞。「今まで支えてくれた人たちに恩返しができた」と振り返った。

 福井で開催された1年前は1メートル64で予選落ち。しかし、今回は慣れ親しんだスタジアム。風、助走など経験がある。何より客席には多くのチームメート。「遠征があまり得意ではないので」。ホテルではなく、いつも通り自宅から通えることも後押しになった。

「私は徳島が大好きなので。ちょっと田舎だけど、海も山もあって、自然が綺麗で。凄く良い場所です」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集