[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夏の高校柔道男子、国士舘が団体3年ぶり16度目V! 個人戦73kg級は2年・木原慧登が連覇

柔道の全国高校総体(インターハイ)は7日、愛媛県武道館で2日目が行われた。男子団体決勝では国士舘(東京)が作陽(岡山)を破り、3年ぶり16度目の優勝を飾った。また男子個人戦も行われ、60キロ級で比叡山(滋賀)の福田大和(2年)、66キロ級で神港学園(兵庫)の顕徳海利(3年)、73キロ級で東海大相模(神奈川)の木原慧登(2年)が優勝した。

国士舘の副将・唐木(左)は作陽の工藤と対戦して引き分け。優勝を確実にしてガッツポーズ【写真:宮内宏哉】
国士舘の副将・唐木(左)は作陽の工藤と対戦して引き分け。優勝を確実にしてガッツポーズ【写真:宮内宏哉】

インターハイ柔道2日目、男子団体の優勝校が決定

 柔道の全国高校総体(インターハイ)は7日、愛媛県武道館で2日目が行われた。男子団体決勝では国士舘(東京)が作陽(岡山)を破り、3年ぶり16度目の優勝を飾った。また男子個人戦も行われ、60キロ級で比叡山(滋賀)の福田大和(2年)、66キロ級で神港学園(兵庫)の顕徳海利(3年)、73キロ級で東海大相模(神奈川)の木原慧登(2年)が優勝した。

 男子団体は準決勝で大牟田(福岡)を破った国士舘と、加藤学園(静岡)を下した作陽が決勝で激突。国士舘は先鋒の若崎喜志(2年)、中堅の横手和輝(3年)が優勢勝ちし、2-0で頂点に立った。

男子団体3年ぶり16度目の優勝を果たした国士舘のメンバー【写真:宮内宏哉】
男子団体3年ぶり16度目の優勝を果たした国士舘のメンバー【写真:宮内宏哉】

 男子個人戦の73キロ級を制した木原は、1年生で優勝した昨年からの連覇を達成。決勝では大牟田の竹市裕亮(3年)を合わせ技一本で破った。福田は福岡大大濠(福岡)の松永烈(3年)を送り襟絞めで、顕徳は東海大相模の服部辰成(3年)を優勢勝ちでそれぞれ下して優勝した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集