[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

徳島をこよなく愛する鳴門・佐藤安里紗 減量と闘い、最後の夏に出した「最高の1m70」

3回目で自己ベストの1メートル70に成功した佐藤【写真:荒川祐史】
3回目で自己ベストの1メートル70に成功した佐藤【写真:荒川祐史】

苦しかった減量との闘い「やれることは全部やろうと」

 ハイジャンプに捧げた高校3年間。走り高跳びならではの苦しさもあった。

「ダイエットをしなきゃいけなかったけど、なかなか体重が落ちなくて。やれることは全部やろうと」

 ジュースなど糖類が多いものは断ち、夕食は鶏のささみを中心に米の量を減らした。ハードな練習と、空腹との闘い。年代的に減量も難しくなる時期。「慣れるまで1年くらいは大変でした」。一時は53キロあった体重も最後の夏は48キロまで絞り、ベストな体を作り上げた。

 苦しくても頑張ることができたのは、支えてくれた家族、恩師に恩返しがしたかったから。3年間の目標にしてきた地元開催のインターハイ。やっと緊張感から解放され、競技を終えた後は「徳島ラーメンが食べたいです」と茶目っ気たっぷりに笑った。

 卒業後も地元・徳島の大学で競技を続け、全国トップレベルの選手を目指す。次の目標は1メートル75。

 この種目の魅力を聞くと「跳べた時のふわっと浮いている感じが楽しくて」と佐藤。

 最後の夏に味わった最高の感覚を更新するため、これからも徳島の空を跳ぶ。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集