[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 藤枝順心、5発大勝で連覇王手 FW今田紗良に宿る「がむしゃらさ」と「野性味」

藤枝順心、5発大勝で連覇王手 FW今田紗良に宿る「がむしゃらさ」と「野性味」

全国高校総体(インターハイ)は3日、女子サッカー準決勝で藤枝順心(静岡)が星槎国際湘南(神奈川)を5-0で下し、決勝進出を決めた。序盤から積極的にプレッシャーをかけて攻め込むと、開始4分で先制。その後も攻め続け、FW今田紗良(3年)が2ゴールを挙げるなど大量5得点を奪った。

平野貴也●写真 photo by Takaya Hirano

2得点で決勝進出に貢献「『ゴールは大きいんだ!』と思うことにした」

 大会2連覇へ向け、手応えのある勝利を手にした。

 全国高校総体(インターハイ)は3日、女子サッカー準決勝で藤枝順心(静岡)が星槎国際湘南(神奈川)を5-0で下し、決勝進出を決めた。序盤から積極的にプレッシャーをかけて攻め込むと、開始4分で先制。その後も攻め続け、FW今田紗良(3年)が2ゴールを挙げるなど大量5得点を奪った。

 今田は、昨季の高校サッカーで注目された九州国際大附属のMF今田源紀(福岡大学)の妹だ。3トップの一角を任され、兄に勝るとも劣らない迫力のあるプレーを見せた。

 前半8分に味方がヘディングで落としたボールに走り込んでドリブルシュートを決めると、後半12分にも同様に味方が空中戦で競り勝ったところを見逃さず、GKとの1対1を制した。推進力のあるドリブルが最大の武器だが、この日はポゼッションを得意とする星槎国際に対するプレッシングの面でもチームに貢献した。

「江刺(亜摘=3年)と私でゴリゴリ行こうと思っていたので、しっかりとできて良かったです。私は下手くそなので、1対1とかは苦手。いつも、がむしゃらに打つシュートばかり。最初のゴールは、後ろから『できるよ』って言われたので、『ゴールは大きいんだ!』と思うことにして、落ち着いて打つことができました」

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー