[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

決勝に導くスーパーセーブ炸裂 流経大柏、守護神・薄井が目指す「和製ノイアー」

守護神が名誉挽回のPKセーブでチームを救った。

PK献上もGKの好守で主導権を渡さず、強豪・前橋育英を撃破

 守護神が名誉挽回のPKセーブでチームを救った。

 全国高校総体(インターハイ)は3日、男子サッカー準決勝で前回準優勝の流通経済大学付属柏(千葉)が前橋育英(群馬)を1-0で下し、2年連続の決勝進出を決めた。

 流経大柏の完封勝利の裏側には、守護神のPKストップがあった。1点リードで迎えた後半、追加点のチャンスを逃し続けると、わずかなミスを突かれた。前橋育英がパワーのあるFW宮崎鴻(3年)を前線に投入。流経大柏は、先発したDF加藤蓮(3年)が通常のマークに付き、空中戦の競り合いは関川郁万(2年)が担当するという守備をしていたが、相手のポジショニングに惑わされてハイボールを競ることができなかった。

 宮崎のヘディングに合わせて動いた前橋育英のFW高橋尚紀(2年)に抜け出され、止めに入った流経大柏のDF瀬戸山俊(3年)がファウルの判定を受けて、PKを献上した。決められれば同点となり、沈黙していた相手が勢いに乗ることは間違いなかった。

 ところが――。高橋のキックを流経大柏の守護神、薄井覇斗(3年)がスーパーセーブ。左に飛んでシュートを弾き、試合の主導権を渡さなかった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集