[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 長崎総科大附のエース安藤、無念の8強敗退 “反骨心”の男が誓った日本一への再挑戦

長崎総科大附のエース安藤、無念の8強敗退 “反骨心”の男が誓った日本一への再挑戦

大会NO1ストライカーの夏は、ベスト8で幕を閉じた。

平野貴也●写真 photo by Takaya Hirano

先制点を決め、負傷した2トップの相棒をカバーする仕事を果たすも…

 大会NO1ストライカーの夏は、ベスト8で幕を閉じた。

 全国高校総体(インターハイ)は2日、男子サッカー準々決勝でU-20日本代表候補FW安藤瑞季(3年)を擁する長崎総合科学大学附属(長崎)は1-2で流通経済大学付属柏(千葉)に敗れて涙をのんだ。総合力で上回る相手に善戦し、エース安藤の一撃で先制したところまでの流れはパーフェクトだったが、PKで追いつかれると、GKのミスから逆転を許した。

 互いにロングパスで広いスペースを使い、スピードとパワーを生かして勝負するチームだけに、個の能力の高さは際立った。総合力で勝る流経大柏のペースで試合は進んだが、安藤は前線で数少ないチャンスをシュートシーンにつなげていった。

 身長172センチと小柄ながら、パワーは強力。対峙した流経大柏のU-17日本代表DF関川郁万(2年)は180センチと上背があり、パワーもあるが「(安藤は)体の使い方が上手かったし、強かった」と舌を巻いた。

 長身の相手と競り合っても、ボールと相手の間にグイッと体を差し込んでボールを支配下に収め、攻撃の起点となった。後半6分に2トップを組んでいたFW西原先毅(3年)が足を痛めると、西原が競っていた場面も安藤が競るようになり、しっかりと役割をこなした。そして後半14分、右サイドからのロングスローがファーサイドまで流れたところを左足で押し込んでゴールを奪い、エースとしての仕事を果たしている。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー