[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

長崎総科大附のエース安藤、無念の8強敗退 “反骨心”の男が誓った日本一への再挑戦

ゴールを挙げての敗戦にやり場のない心情「もっと上に行けたはずなので…」

 ただ、それでも負けたのが現実だ。

 やり切ったが負けたというわけでもなく、実力不足を痛感させられたわけでもない。

「先制できて、PKを与えて追いつかれたけど、まだまだいけると思っていました。2失点目でみんなが気落ちしたけど、諦めずにやるぞと声は出ていた。悔しいというか、試合が終わった瞬間、涙は全然出なくて。やり切れた感がなかったし、ここで負けるはずじゃなくて、もっと上に行けたはずなので……」

 安藤はやり場のない心情を吐露した。

 冬の高校選手権に向けて再出発を切るが、その過程では、目指している高卒プロ入りを視野に入れて進路を決めて行かなければならない。

 小嶺忠敏監督は「まだまだ。フィジカルは強いけど、上の年代になったら、パワーのあるヤツは、いくらでもいる。そのときに、壁にぶち当たると思う。そのへんは、考慮しないといけない。まだ、イージーミスが多い。せっかく(パスを)受けるんだけど、ボールを失くすようなプレーが、このクラスで出てはいかん。きちっとやって突破するか、味方に預けるか。預けたら、次に動いてどう受けるのか、かなり強く要求しないといけない。そうでなければ、このままで終わってしまう」と厳しく課題を突き付ける。

 安藤の進路は、プロや強豪大学の関係者が注目するところだ。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集