[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 「試合に出ていた奴だけの悔しさにしたくない」 関東第一、指揮官がこぼした涙の訳

「試合に出ていた奴だけの悔しさにしたくない」 関東第一、指揮官がこぼした涙の訳

印象的な言葉だった。試合に負けたチームの監督がこう言った。

持ち味の攻撃力を発揮するも…3年連続で市立船橋に敗戦

 印象的な言葉だった。試合に負けたチームの監督がこう言った。

「試合に出ていた奴だけの悔しさには、したくない」

 37歳の若き指揮官は、選手と同じように、自分自身も試合に向かう気持ちや、選手に接する気持ちを整理して試合に臨んでいる。そして、試合が終わればチームの反省だけでなく、自分自身の反省もする。選手を非難する気持ちはない。

 だから、3年連続で同じ相手に負けた悔しさは、苦笑いで腹に押し込むことができた。ただ、チームを束ねる者として敗戦を振り返ると、その場にはいない選手を想う気持ちがこみ上げてきた。

 全国高校総体(インターハイ)は2日、男子サッカー準々決勝で関東第一(東京)は1-2で前回王者の市立船橋(千葉)に敗れた。

 10番を背負う攻撃の中心、MF篠原友哉(3年)は負傷明けで本調子ではなくベンチスタート。それでも前半にMF村井柊斗(3年)がクロスバー直撃の惜しいランニングボレーシュートを放つなど、持ち味である攻撃力は発揮していた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー