[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

長崎総科大附のエース安藤、無念の8強敗退 “反骨心”の男が誓った日本一への再挑戦

兄に追いつき、追い越そう…「見返してやろう」と努力で評価を覆してきた

 注目株となってしまえば、以前から力があったように思われるものだ。しかし、安藤の場合はむしろ、同じ高校で活躍した兄の方が評価されていたくらいだった。

 スピードと技術に優れた兄は、1年次からエース格として活躍。現在は、駒澤大学でプレーしている。リーグ、インターハイ予選、年代別代表とステージを問わずゴールを量産している弟について話を聞くと、兄の安藤翼(駒大3年)は「弟が凄いねと言われることが多くなって悔しい。刺激になっているし、負けられない。昔は、パワーはあるけど、上手いとか凄いと言われるようなタイプではなかった」と話していた。

 安藤は、兄に追いつき、追い越そうと、努力で評価を覆してきた。安藤は「兄の記事を読んだけど、僕も兄と比較されて苦しんだ時期があった」と話し、まだ評価を得ていなかった時期を振り返る。

「出身の大分で県のトレセンにときどき選ばれていたけど、あまり評価されなかった。悔しくて、この間、大分で九州大会の試合があったときには、関係者が見に来ているだろうと思って、見返してやろうという気持ちで頑張って、良いプレーができた。反骨心が原動力になっている」

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集