[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、3回戦で難敵デルポトロと激突 ビッグネーム対決にテニス協会「大ヒット作」

錦織、3回戦で難敵デルポトロと激突 ビッグネーム対決にテニス協会「大ヒット作」

男子テニス世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が1日(日本時間2日)、シティ・オープン2回戦で同58位のドナルド・ヤング(米国)に6-3、4-6、7-6とフルセットの末に勝利した。米紙が「今大会で最もドラマチックな試合」と評する死闘を制したが、3回戦は世界ランク32位のフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)との対戦が決定。今大会屈指のビッグネーム同士の対決は「大ヒット作」と報じられるなど、早くも注目を集めている。

2回戦でヤングに苦戦…「長丁場を制するまで傷つけられた」

 男子テニス世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が1日(日本時間2日)、シティ・オープン2回戦で同58位のドナルド・ヤング(米国)に6-3、4-6、7-6とフルセットの末に勝利した。米紙が「今大会で最もドラマチックな試合」と評する死闘を制したが、3回戦は世界ランク32位のフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)との対戦が決定。今大会屈指のビッグネーム同士の対決は「大ヒット作」と報じられるなど、早くも注目を集めている。

 錦織は2時間25分に及ぶ深夜決戦を制し、なんとかヤングを撃破した。米紙「ワシントン・ポスト」が錦織とヤングとの死闘を「錦織の試合は今大会で最もドラマチックなものとなった」と報じた一方で、フランス紙「レキップ」電子版は「ニシコリとデルポトロが16強で対戦」と速報。フルセットの末、タイブレークまで持ち込まれた錦織の苦闘ぶりを紹介している。

「2015年大会の覇者ケイ・ニシコリは、2時間25分の長丁場を制するまでアメリカのドナルド・ヤングに傷つけられた」

 今大会、1回戦が免除となった日本のエースは、初戦でいきなり消耗を強いられた。そして、続く試合で立ちはだかるのは、2回戦で世界ランキング119位のルカシュ・ラツコ(スロバキア)を7-5、6-2のストレート勝ちで下した難敵デルポトロだ。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー