[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 「“なんとなく”ついていった」 福岡大大濠、逆転Vの裏に“計算通り”の劣勢

「“なんとなく”ついていった」 福岡大大濠、逆転Vの裏に“計算通り”の劣勢

全国高校総体(インターハイ)は2日、男子バスケットボール決勝で福岡大大濠(福岡)が明成(宮城)を61-60で下し、3年ぶり4度目の優勝を果たした。序盤からリードを許しながら、後半に逆転勝ち。それは、“計算通り”の劣勢に導かれたものだったという。

「なんとなく」の追撃で逆転V…片峯監督「それが相手が一番イヤなんじゃないかと」

 全国高校総体(インターハイ)は2日、男子バスケットボール決勝で福岡大大濠(福岡)が明成(宮城)を61-60で下し、3年ぶり4度目の優勝を果たした。序盤からリードを許しながら、後半に逆転勝ち。それは、“計算通り”の劣勢に導かれたものだったという。

 薄氷を踏む日本一だった。61-58で迎えた最終ピリオド残り2秒。相手にシュートを決められ、バスケットカウントを与えた。しかし、同点を狙ったフリースローが外れ、そのまま試合終了。1点差で3年ぶりの日本一の瞬間が訪れた。選手たちは狂喜乱舞でコート上で感情を爆発させた。

 場内インタビューに立った主将の永野聖汰(3年)は「2年間、結果を残せてなかったので、優勝という目標にたどり着けたことがうれしい。苦しい試合の中でみんなが勝つという気持ちでやってきた」と胸を張った。

 序盤から劣勢だった。前半から明成・田中裕也(2年)に鮮やかな3点シュートを連発され、第1ピリオドを9-16、第2ピリオドも32-36とリードを許したまま前半を折り返した。しかし、第3ピリオドに入ると、じわじわと詰め寄り、残り1分で47-47の同点。さらに残り10秒を切ったところで49-47と逆転。この日初めてリードを奪い、最終ピリオドに突入すると、1点差で逃げ切った。

 苦しい試合だったが、しかし、片峯聡太監督にとっては“計算通り”だった。それには2つの理由がある。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー