[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生第一、大逆転でプレミア初昇格 選手権は県予選敗退も「力があると証明できた」

高校年代の最高峰「高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ」の来季参入チームを決めるプレーオフの2回戦が12日に行われ、エディオンスタジアム広島の第1試合では桐生第一高校(プリンスリーグ関東3位/群馬)が、4-3の逆転で帝京長岡高校(プリンスリーグ北信越1位/新潟)を破り、初のプレミア昇格を決めた。

桐生第一高校が初のプレミアリーグ昇格【写真:平野貴也】
桐生第一高校が初のプレミアリーグ昇格【写真:平野貴也】

帝京長岡に後半3得点で4-3と逆転勝利、来季初のプレミアリーグ参戦へ

 高校年代の最高峰「高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ」の来季参入チームを決めるプレーオフの2回戦が12日に行われ、エディオンスタジアム広島の第1試合では桐生第一高校(プリンスリーグ関東3位/群馬)が、4-3の逆転で帝京長岡高校(プリンスリーグ北信越1位/新潟)を破り、初のプレミア昇格を決めた。

 夢破れたショックから立ち直り、後輩に大きな土産を残した。桐生第一は、3週間前の高校選手権の群馬県大会決勝で前橋育英高校に0-1で敗れて全国大会を逃した。しかし、プリンスリーグでは上位に残り、プレミア参入戦ではインターハイ準優勝の米子北高校(鳥取)、2年連続全国ベスト4の帝京長岡と、28日開幕の全国高校サッカー選手権に出場する2チームを撃破。今冬の全国大会出場こそ逃したものの、高校年代でトップレベルの実力を持っていることは証明した。

 主将のMF金沢康太(3年)は「前橋育英さんとは、互いに良いライバルとして群馬のサッカーを盛り上げていこうとしている。自分たちにも力があるんだぞと証明できたと思う。選手権は悔しい結果で終わったけど、リーグにすべてをぶつけようとやってきた。今まで以上に力が出たと思う」と最後の舞台で結果を残した充実感を漲らせた。

 前半終了時、1-3からの大逆転勝利だった。試合の立ち上がりは、互角。前半18分に帝京長岡が先制したが、1分後には同点。ただし、その後は帝京長岡が守備の積極性を高めて試合のペースを掌握。前半38分、右サイドのロングスローのこぼれ球をMF武原幸之介(3年)が頭で押し込んで再び勝ち越し。さらに前半終了間際には、来季から湘南に加入するDF松村晟怜(3年)が左サイドへ持ち出して攻撃参加すると、FW三宅凌太郎(3年)を経由する間にスルーをしたFW渡辺祐人(3年)が三宅からラストパスを受けて、この日2点目となるゴール。帝京長岡らしい崩しで3-1とリードを広げた。

 後半も立ち上がりは帝京長岡が押し込んだが、次第に桐生第一の逆襲が増えた。後半24分、選手交代で2トップに布陣を変更。その4分後、カウンターで相手の背後へ抜け出した左DF倉上忍(3年)が絶妙なループシュートを決めて1点差に追い上げた。田野豪一監督が「あれに救われた。あそこであんなに綺麗に打つのは、凄い。(打った時は思わず)『落ち着け!』と言ってしまったけど、入った」と驚いたナイスプレーは、チームを勢い付けた。

 さらに後半35分、左コーナーキックを右DF大隅斗聖(3年)がヘディングで仕留めて同点。直前に足をつっていただけに、田野監督は「交代は準備するからワンジャンプで決めてくれと思っていたら決めてくれた。交代させなくて良かった」と意地を見せた大隅を称えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集