[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「魂で話さないと意味がない」 村田諒太が台本を見ず、高校生に届けた「エール」

現役世界王者が「魂」の言葉で高校生にエールを届けた。26日午後4時すぎ。白のTシャツを着た、その男が現れると、画面に並んだ80の瞳の視線がさっと止まった。「皆さん、お元気に過ごしていますか? 今日はざっくばらんに話しましょう。何でも聞いて下さい」と語りかけたのは、ボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)。この言葉が“夢授業”のチャイムとなった。

「オンラインエール授業」での村田諒太【写真:編集部】
「オンラインエール授業」での村田諒太【写真:編集部】

インターハイ中止の高校生へ、ボクシング世界王者が「オンラインエール授業」

 現役世界王者が「魂」の言葉で高校生にエールを届けた。26日午後4時すぎ。白のTシャツを着た、その男が現れると、画面に並んだ80の瞳の視線がさっと止まった。「皆さん、お元気に過ごしていますか? 今日はざっくばらんに話しましょう。何でも聞いて下さい」と語りかけたのは、ボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)。この言葉が“夢授業”のチャイムとなった。

 2020年、高校生は大切な夏を失った。新型コロナウイルス感染拡大により、史上初の全国高校総体(インターハイ)が中止。夢舞台にかけ、汗を流してきた部活生は目標が急になくなった。なかには、もう引退する3年生も多くいる。3年に一度ではなく、一生に一度の夏。かけがえのない機会を奪われた彼らに救いの手は伸ばせられないのか。そんな声が渦巻き、社会問題に発展した。

「多くの挫折を経験した自分だからこそ共感できる部分があり、自分の経験を伝えることで少しでもできることがあれば、と」

 村田が賛同し、参加したのが「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」。インターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうというもの。4月26日の中止決定から、ちょうど1か月で実現した第1回の講師として登場した34歳は、全国40人のボクシング部の主将らに対して、本気で向き合った。

 冒頭で明かしたのは、今なお、こびりつく高校時代の記憶だ。南京都(現京都廣学館)で2年生から2連覇したインターハイ、選抜、国体を合わせて高校5冠を達成。輝かしい実績を残し、高校ボクシング界で知らぬ者はいない存在となった。しかし、村田は言う。「5冠のことをよく言われるけど、僕からすると、悔しいイメージの方が強いんですよ」。いったい、その理由とは――。

「1歳上に粟生隆寛さん(千葉・習志野)という高校記録の6冠を作った選手がいた。僕も同じペースで優勝し、5冠を獲った。あとは最後の国体で6冠の記録を作れるチャンスだったけど、出場権を決める近畿大会で優勝当然のはずが、負けてしまって……」

 都道府県をチームとして争う国体。村田を擁するV候補筆頭だった京都は思わぬ苦戦を強いられ、本戦出場ギリギリの3位を狙ったが、勝てば出場権を得られる大一番で村田が負けた。圧倒的に攻めながら、微妙な判定もあった。しかし、結果は変わらない。「それで、僕は高校6冠ができなかった。だから、高校5冠というと、すごく悔しい思い出になる」と正直な思いをさらけ出した。

 それでも、未来の世界王者は下を向かなかった。「未だに自分で誇りに思っていることがあるんです」と切り出した。「高校6冠という記録は達成できなかったけど、全日本選手権に出て優勝すれば、変則だけど、高校6冠になるじゃないか。目標を違うところに変え、モチベーションを保って挑戦したんです」。結果として、決勝で負けた。しかし、自分にとって胸を張れることがある。

「初めてテレビに出る試合でビビった試合をして、1ラウンドでレフェリーストップ負け。自分に負けたような情けない姿を全国に映してしまったけど、今、思うと国体には出られなかったけど、その先に何かを見たチャレンジ。それは未だにすごく誇りに思っている。あの時、ちゃんと気持ちを切り替えてチャレンジしたことが、今のチャレンジ精神にもつながっていると思っています」

 村田が今回の参加理由に挙げた「多くの挫折を経験した自分だからこそ共感できる部分」は、まさにこの体験だった。起きてしまった過去は変えられない。しかし、自分がどう行動するかで未来は変わる。そのメッセージを届けたくて、画面と向き合った。

 高校生からの質問コーナーになると、無機質なオンライン画面が熱を帯びた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集