[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米有望株ガルシア、秒速5発超の衝撃シャドーに騒然「洗濯機みたい」「孫悟空のよう」

ボクシングの若手有望株ライアン・ガルシア(米国)がツイッターを更新し、お馴染みの“超速パンチ”動画を公開。将来のスター候補として期待を集める20戦20勝(17KO)の21歳は、目にも止まらぬシャドーを披露し、「こんな高速な腕の動き見たことがない」「洗濯機のような腕」「ソン・ゴクウのようだ」とファンの度肝を抜いている。

ライアン・ガルシア【写真:Getty Images】
ライアン・ガルシア【写真:Getty Images】

ツイッターで公開した「限界突破」動画に反響「速すぎて見えない」

 ボクシングの若手有望株ライアン・ガルシア(米国)がツイッターを更新し、お馴染みの“超速パンチ”動画を公開。将来のスター候補として期待を集める20戦20勝(17KO)の21歳は、目にも止まらぬシャドーを披露し、「こんな高速な腕の動き見たことがない」「洗濯機のような腕」「ソン・ゴクウのようだ」とファンの度肝を抜いている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 異次元の速さだった。室内でトレーニングを着たガルシア。真剣なまなざしでショートアッパーを繰り出すように左右の拳を振り上げる。これが、とてつもないスピードだ。空気を切る音を響かせながら、打ち込んでいく。腕の動きは速すぎて見えない。9秒間の動画で推定50発のパンチ。秒速5発以上のペースで打ち切ってみせた。

 ガルシアは「限界突破」とつづって公開。定期的に“超速パンチ”の動画を公開しているが、今回は「スピードがとんでもない」「こんな高速な腕の動き見たことがない」「路上でこれやっている人がいたらとても怖い」「洗濯機のような腕」「速すぎて見えない」「誰も逃げられない」「ソン・ゴクウのようだ」と一段と反響が集まっていた。

 新型コロナウイルスは徐々に収束を見せ、興行再開に向けて動き出しているボクシング界。4月にはWBA世界ライト級正規王者で、23勝(22KO)でKO率95.7%を誇るガーボンタ・デービス(米国)との“無敗対戦”を熱望していることが報じられたガルシア。目にも止まらぬ高速拳が次に捉える相手は誰になるのか。ファンの注目も集まっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集