[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大橋悠依、冷静に予選通過も いきなり今季世界最高のホッスーに感嘆「凄いなと…」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。初日の女子200メートル個人メドレーに登場した大橋悠依(イトマン東進)は、2分11秒09の全体9位で予選を通過した。大本里佳(イトマン)も2分10秒50の全体5位で通過した。

女子200メートル個人メドレーに登場した大橋悠依【写真:Getty Images】
女子200メートル個人メドレーに登場した大橋悠依【写真:Getty Images】

世界水泳開幕、女子200m個人メドレー大橋悠依が全体9位で予選通過

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。初日の女子200メートル個人メドレーに登場した大橋悠依(イトマン東進)は、2分11秒09の全体9位で予選を通過した。大本里佳(イトマン)も2分10秒50の全体5位で通過した。

 前回2017年大会銀メダルで、今大会金メダルが期待される日本女子のエース。序盤の50メートルを1着で折り返すと、落ち着いたレース運びで難なく予選を突破した。「1本目だから、『緊張するね』と隣の人と話していた。落ち着いてできたと思う。自分のペースを守って、こういうレースをすると心がけた」と振り返った。

 別の組では200メートルと400メートルの個人メドレーで3大会連続2冠の“鉄の女”ことカティンカ・ホッスー(ハンガリー)が登場。大歓声を受け、今季世界最高の2分07秒02の好タイムで堂々のトップ通過だった。金メダルを争う最強ライバルの泳ぎに、大橋は「特に意識することはない。(歓声が)凄いなという感じですね」と淡々と話した。

 自分のやるべきことに集中しながら夜の準決勝に備える。決勝は22日夜の予定。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集