[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問題児ネリ、難敵パヤノを9回KOで撃破! 30連勝で再びの世界挑戦へ前進

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦は、9ラウンドKO勝ちでデビューからの連勝を30(24KO)に伸ばした。

ルイス・ネリがパヤノを9回KO勝ち【写真:Getty Images】
ルイス・ネリがパヤノを9回KO勝ち【写真:Getty Images】

序盤はパヤノの手数に苦しむも終盤にKO勝ち

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦は、9ラウンドKO勝ちでデビューからの連勝を30(24KO)に伸ばした。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 問題児がパヤノとの元王者対決を制した。前日計量では1度目にオーバーし、1時間後の再計量でパス。お騒がせ男ぶりを発揮していたが、リングに上がれば強さは健在だった。序盤はパヤノの手数に苦しんだが、パワーでじわじわと押し返した中盤以降巻き返し、9ラウンド、最後はボディへの左フックでパヤノを沈めた。

 ネリは昨年3月の山中慎介とのタイトルマッチで体重超過で王座剥奪。半年間の出場停止処分を経て、これで再起後4連勝となった。

 WBCの1位に君臨し、指名挑戦権を持つネリ。正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)と暫定王者・井上拓真(大橋)には統一戦が義務付けられており、その勝者に挑戦する可能性が高い。またその先には「相手のプロモーターがオレとの対戦を求めれば、イノウエ戦の準備はできている」と話しており、WBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)との対決にも意欲を示している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集