[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男性と女性が一緒に競い合う車いすラグビー 性別にこだわらない倉橋香衣の生き方

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。3日目は「女性アスリートとジェンダー平等」。東京パラリンピックで銅メダルを獲得した車いすラグビー日本代表・倉橋香衣が登場する。

車いすラグビー日本代表・倉橋香衣が明かす、女子アスリートとしての信念と生き方【写真:日本車いすラグビー連盟提供】
車いすラグビー日本代表・倉橋香衣が明かす、女子アスリートとしての信念と生き方【写真:日本車いすラグビー連盟提供】

「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」3日目 テーマは「女性アスリートとジェンダー平等」前編

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。3日目は「女性アスリートとジェンダー平等」。東京パラリンピックで銅メダルを獲得した車いすラグビー日本代表・倉橋香衣が登場する。

 男子選手と女子選手が一緒にプレーする「男女混合競技」である車いすラグビー。日本代表で唯一の女子選手である31歳は、敵にも味方にも特別扱いされることなく戦ってきた。前編では、車いすラグビーが性差に関係なくプレーできる理由とともに、ジェンダー平等を体現する競技を戦う上で「女性であることを強みにするしかない」という女子アスリートとしての信念と生き方を明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・佐藤 直子)

 ◇ ◇ ◇

「ガシャーン!」と会場全体に大きく響きわたる金属の衝突音。相手の動きを封じるため、車いすと車いすが容赦なくタックルでぶつかり合う車いすラグビーを象徴する音だ。2021年に開催された東京パラリンピックを見て、その激しさに驚いた人も少なくないのでは。

「車いす競技で唯一タックルが認められている。思いきりぶつかってもいいところが楽しいし、見ていても分かりやすい一番の魅力だと思います」

 そう言いながら屈託ない笑顔を浮かべるのは、東京パラリンピックに日本代表として出場し、銅メダルを獲得した倉橋香衣(商船三井/AXE)だ。

 2011年、大学3年生の時にトランポリンの事故で頸髄を損傷し、車いすユーザーになった。リハビリの一環としていろいろなスポーツに取り組む中で出会ったのが車いすラグビー。その面白さにハマり、クラブチームでプレーし始めると、2017年には女子選手として唯一、日本代表に選出されるまでになった。

 東京パラリンピック開催に合わせ、日本代表唯一の女子選手として注目される機会が増えた。だが、車いすラグビーをプレーする上で普段は「男性だから、女性だから、とあまり感じたことがないんです」と明かす。

「取材を受けるようになって、改めてコートで周りを見てみたら『あ、私一人だけ女だ。そういえば、周りはオジさんばかりだな』って思ったくらい意識はしていませんでした(笑)」

 どうして意識することがなかったのか。それには車いすラグビーの競技性が大きく関わっているようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集