[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「お金、子どもを預ける場所、産休…」 6歳児の母、寺田明日香が語るママアスリートの課題

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を始動。「タブーなしで考える女性アスリートのニューノーマル」をテーマに14日まで1週間、7人のアスリートが登場し、7つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。5日目のテーマは「女性アスリートと出産」。今回は陸上100メートルハードル日本記録保持者・寺田明日香さん(パソナグループ)が登場する。

 「女性アスリートと結婚」について語った寺田明日香さん(左)と娘・果緒ちゃん【写真:本人提供】
「女性アスリートと結婚」について語った寺田明日香さん(左)と娘・果緒ちゃん【写真:本人提供】

「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」5日目、テーマは「女性アスリートと出産」

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を始動。「タブーなしで考える女性アスリートのニューノーマル」をテーマに14日まで1週間、7人のアスリートが登場し、7つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。5日目のテーマは「女性アスリートと出産」。今回は陸上100メートルハードル日本記録保持者・寺田明日香さん(パソナグループ)が登場する。

 6歳の娘を持ち、日本では珍しい「ママアスリート」として競技を続け、東京五輪出場を目指す31歳。一度は競技を引退し、大学進学・結婚・出産を経て、7人制ラグビー転向から、再び陸上界に帰ってきた。異色といえる実体験から子育てと競技が両立しづらく、日本にママアスリートが増えない現状に言及。男性優位の風潮が残る「スポーツ界と社会構造の変化」への想いにも赤裸々に打ち明けた。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

「6年間も陸上を離れ、子どもを産んで五輪なんて無理だろう」。そんな言葉に抗うように、戦う一人のアスリートがいる。

「彼女も4月から小学1年生。大きな怪我、病気をすることなく、ここまで育ってくれてありがたいし、口にする言葉が“女の子”になってきたり、私が選んだ服を着なくなってきたり。自分なりに、なんでも自分で決めたいということが増えてきて、成長を感じますねえ~」

 快活に笑った寺田明日香さん。「彼女」とは、6歳の一人娘・果緒ちゃんのこと。話している内容だけを見れば、同世代の娘を持つ世間のママと変わらないが、大きく一つ違うのは、陸上100メートルハードル日本記録保持者にして、東京五輪を目指す現役トップ選手であることだ。

 世界のスポーツ界ではテニスで4大大会通算23度優勝のセリーナ・ウィリアムズ、陸上短距離で6個の五輪金メダルを獲得したアリソン・フェリックス(ともに米国)など、結婚・出産を経て、幼い子どもを育てながら第一線で活躍する選手が増えているが、日本では珍しい。「結婚・出産を選択するなら引退」「現役を選択するなら結婚・出産は引退後」という二者択一の価値観が強いなかで、寺田さんの存在は異彩を放っている。

「今のサイクルは、練習は週4日、火・水・金は2部練習。午前10~12時まで(走る以外の)トレーニング、午後2時から競技場で走るトレーニングを6時までやる生活。娘は朝9時半から午後6時半まで保育園に預け、夫が送り迎えや皿洗い、ゴミ捨て、私が料理、掃除、洗濯と家事を分担しています」

 子育てでは、宿題などのやるべきことをやらなければ厳しく言うが、それ以外は「フラットに接する」がモットー。できる限り、本人の意見を聞いて、同じ目線で接している。取材中、娘のことを「彼女」と大人のように表現することも、特徴的だ。

「幼少期は母の所有物のようになりがちですが、良くないと思っていて。彼女は彼女なりの考えがあるし、私たち両親と違う考えがあっていい。私と夫も違うし、娘もまた違う。それぞれ意見があるからみんな否定することなく、小さいながらも一個人として認めたいと思って、そう呼んでいます」

 母としての想いを語るが、こんな風に「ママアスリート」として生きることは難しい。それは、なぜか。女性アスリートにとって、何がネックになるのか。実際に、奮闘する寺田さんのキャリアをひも解くと、スポーツ界と社会のいくつかの課題が見えてくる。

 異色と言える経歴だ。恵庭北高(北海道)でインターハイ3連覇、卒業後も日本選手権3連覇を達成した。しかし、以降は度重なる怪我に生理不順・摂食障害による体調不良もあり、不振に。2012年ロンドン五輪出場を逃した翌年、23歳の若さで引退した。

 峻一さんと結婚を考えていた13年9月に東京五輪の開催が決定。「2020年のオリンピックを家族で見る」と計画し、翌年8月に果緒ちゃんが誕生。その五輪で新種目に採用された7人制ラグビー挑戦のオファーを26歳で受けた。陸上で培った俊足を見越してのもので一念発起し、現役復帰。結果として、大怪我もあって代表入りが厳しくなったが、2年あまりの挑戦で陸上への情熱が再び宿り、18年12月に復帰。トラックに6年ぶりに帰ってきた。

「見る」はずだった五輪に「出る」を目標として過ごす今、キャリアの転機といえるのは、19歳の頃の出会いだ。

 6歳上で当時、日本陸連の職員だった峻一さんとはイベントなどで連絡を取り合うように。アスリートという職業へのリスペクトがあり、気遣いができる人柄に惹かれた。「選手をいつまで続けられるか分からないけど、こういう人なら自分もステップアップできるし、彼にない部分を私が補えるかもしれない」。寺田さんが北海道、峻一さんが東京という遠距離交際が始まった。

 ここで女性アスリート特有の課題を感じたことがある。それが、恋愛のしにくさだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集