[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トップリーグ開幕から3週間 バレット、レイドローら“豪華助っ人”パフォーマンス診断

今季がラストシーズンとなるトップリーグ(TL)は3月6日までに開幕3節を終了した。選手のコロナ感染者拡大で、開幕が5週間延期される苦難のスタートを切ったが、その後は感染者0で3週目を乗り越えた。来季の新リーグ移行を前にした最後のシーズンで注目を集めるのが、世界各国から大挙してTLに流入してきたワールドクラスの選手たち。開幕からいきなり世界最高レベルのスキルとパワーでスタンドを沸かせるレジェンドの、序盤戦のパフォーマンスを検証する。(文=吉田宏)

NTTドコモレッドハリケーンズのSH・TJペレナラ【写真:Getty Images】
NTTドコモレッドハリケーンズのSH・TJペレナラ【写真:Getty Images】

ベテラン吉田宏記者のコラム、序盤戦からスタンドを沸かせる外国人たち

 今季がラストシーズンとなるトップリーグ(TL)は3月6日までに開幕3節を終了した。選手のコロナ感染者拡大で、開幕が5週間延期される苦難のスタートを切ったが、その後は感染者0で3週目を乗り越えた。来季の新リーグ移行を前にした最後のシーズンで注目を集めるのが、世界各国から大挙してTLに流入してきたワールドクラスの選手たち。開幕からいきなり世界最高レベルのスキルとパワーでスタンドを沸かせるレジェンドの、序盤戦のパフォーマンスを検証する。(文=吉田宏)

【特集】世界選手権14度出場の“レジェンド”が繋ぐアイスホッケーとスポーツの魅力 / アイスホッケー・鈴木貴人さんインタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 コロナ感染などで満を持して2月20日にキックオフを迎えたTL。リーグ戦は前半戦を終了、決勝トーナメントを含めた全日程を見ると序盤戦を終えた段階だが、新加入の海外トップ選手は、待ちわびたシーズンインに開幕節から期待以上のプレーを連発してファンを魅了している。

 名だたるレジェンドの中で、3節を終えて際立つパフォーマンスを見せたのがニュージーランド(NZ)代表キャップ69を持つNTTドコモレッドハリケーンズのSH・TJペレナラだ。

 2019年のワールドカップ(W杯)日本大会でも、俊敏さを武器にしたパスワーク、そして世界一危険な9番と恐れられるランプレーでスタンドを沸かせたが、その能力をTLでも開幕戦から惜しみなく発散し、開幕3連勝のチームを牽引する。

 過去の成績による開幕前の順位付けでは、ドコモはホワイトカンファレンス8チーム中最下位扱い。6位に位置づけられるキヤノンイーグルスとの開幕戦では、日本代表SH田中史朗とのマッチアップが注目されたが、開始9分にいきなり見せ場が訪れた。自陣ゴール前でのキヤノンのスクラムからボールを奪い獲り、田中にパスをさせないファインプレーで、判断力、反応の早さを見せつけた。

 その後もハイテンポのパスワークで攻撃のテンポを上げ続け、後半18分には敵陣でのラックを抜け出したLO杉下暢のプレーに素早く反応して、パスを受けてのチーム初トライをマーク。8分後には、自らが密集サイドを突破して逆転トライをアシストすると、さらに6分後にも敵ゴール前のラックから好判断のロングパスでトライの起点になった。

 チームがマークした3トライすべてにからむ活躍をみせたが、真価を見せたのは、その後だった。23-24と逆転されて迎えた終了直前に、敵陣でのラックで、相手防御がオフサイド気味にボールに仕掛けようとしたのを瞬時に見極めると、パスをせずキヤノンに反則を犯させる頭脳的なプレーでSO川向瑛の“逆転サヨナラ”PGに繋げた。

 第2節のNEC戦でも、前半35分のトライを自らのグラバーキックで生みだすと、27分にはラインアウトからのファンブルボールを奪い40メートル独走、31分は右オープン攻撃でと、連続トライをマーク。3戦連続の先発出場となったリコー戦では、17-17で迎えた終了直前に、この日がデビューとなった南アフリカ代表のW杯Vメンバー、WTBマカゾレ・マピンピと連携したアタックを起点に、最後は自ら45メートルを独走して決勝トライを奪い獲った。

 トライにからむ攻撃面での活躍が目立つペレナラだが、常に執拗にサポートランをしている姿が印象的だ。それは防御でも同様で、群を抜く個人技に加えて献身的なプレーが、この9番の欠かせない重要な資質になっている。

 同時にチームやレフェリーとのコミュニケーション能力の高さが光る。プレーの合間に常に仲間と話し、情報を交換・共有して、レフェリーには密集戦での相手の反則をジェスチャー混じりに常にアピールし続けている。第1節の決勝PGを得た場面でも、相手選手、レフェリーを含めて、ペレナラが仕組んだ「相手が反則を犯している」という雰囲気に引き込まれているようにもみえる。パスやランといったスキル、身体能力だけではなく、試合中の駆け引きでもファーストクラスのクオリティーを持っている。

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集