[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“普通の女の子”にだって憧れる 空手・植草歩が抱いた「女子力と競技力」という葛藤

女性と格闘家の両立で植草はオシャレが精神面で力になるものの一つだという【写真:浜田洋平】
女性と格闘家の両立で植草はオシャレが精神面で力になるものの一つだという【写真:浜田洋平】

競技に集中しつつ“女を捨てた”とは違う、オシャレが心の充実「幸せを感じる」

 東京五輪で金メダルを首にかけることが最大目標。そのために全てを捧げる日々だ。世界選手権の連覇を逃した後、19年1月の国際大会で優勝した。「去年は勝ったり負けたりの一年間だったけど、それを乗り越えてきたから今は心が強くなったと思う。昔だったら言わなかっただろうなという言葉も出てくるし、行動もしていると思います」。気持ちの変化が強さに繋がったという。

 では、女性と格闘家(アスリート)のどちらも最大限に満たし、両立させることは不可能なのか。この問いに植草は「いや、難しくないんじゃないですか。生きてきた中で今が一番、女子力が高いと思いますよ」と言い切る。世界選手権の負けで吹っ切れたと言っても“女を捨てた”とは違う。毎日パックもするし、美容院、ネイル、ニキビケア、体の保湿だって欠かさない。全身全霊で空手に打ち込みながらも、自分にとって必要な最大限のオシャレをする。

「オシャレは時間があるならしたい。そこは自分でオンとオフを作って、オフの時に友達と遊ばないでゆっくりネイルするとか、髪の手入れをやってもらうとか、そういうことに自分が幸せを感じる。自分が幸せだなと思うことをどんどんしていって、毎日を充実させていく方がいいなと今は思います」

 やることさえやっていれば、オシャレにかまけて競技に集中していない……なんて一昔前の言葉はナンセンス。しかも、植草の場合はオシャレが精神面で力になるものの一つだという。No.1を目指し、大事な試合の時には髪やネイルを金色に染める。身近な小物類を金色にした時もあった。「(16年の)世界選手権の時にそれをやって初めて優勝した。自分がそれに藁にもすがる思いで『これをしたから大丈夫だ』と思って行っています」。いわゆるゲン担ぎだ。

 格闘家女子だけでなく、女子アスリートにとって両立は一つの悩みかもしれない。葛藤を持つ子へのアドバイスを求めると、「オシャレはいつでもできますからね」と植草。「強くなりたい」と言いつつ、キャピキャピとした若い子を見たらどう思うのか。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集