[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“普通の女の子”にだって憧れる 空手・植草歩が抱いた「女子力と競技力」という葛藤

女性と格闘家――。一見、相反するイメージを抱いてしまいそうな2つの言葉。これらの両立は可能なのだろうか。東京五輪の新種目として実施される空手で金メダル候補の植草歩(JAL)。世界の頂きに上り詰めた女王に、「女子力と競技力」について女子アスリートが持つ悩み、葛藤、考え方などを聞いた。強さを求めて汗を流す空手選手には、自由と責任が存在していた。

東京五輪で新種目の空手で金メダル候補の植草歩【写真:浜田洋平】
東京五輪で新種目の空手で金メダル候補の植草歩【写真:浜田洋平】

「女子力と競技力」は両立できるか、空手最重量級の五輪金メダル候補・植草歩に聞く

 女性と格闘家――。一見、相反するイメージを抱いてしまいそうな2つの言葉。これらの両立は可能なのだろうか。東京五輪の新種目として実施される空手で金メダル候補の植草歩(JAL)。世界の頂きに上り詰めた女王に、「女子力と競技力」について女子アスリートが持つ悩み、葛藤、考え方などを聞いた。強さを求めて汗を流す空手選手には、自由と責任が存在していた。

 女子組手68キロ超級で2016年世界選手権を制した27歳。階級制の競技で、植草は一番重い階級だ。女性と格闘家の両立で苦労したことに「体を大きくすること」を挙げる。手足が長く、体格の大きい海外選手を相手にするため、身長168センチの植草には増量が必須だった。今では笑って振り返るが、社会人2年目頃まで気にすることもあったという。

「体を大きくしようと思って大きくしていました。フィジカルトレーニングもやっているので筋力がついてくる。昔の服とか、普通の女性の服が着られないとか、周りに『足が太いね』って凄くバカにされました(笑)。今は(目標の)体重に達したので、体を大きくはしていないです。今の体重をキープしています」

 組手は手足を使った突き、蹴りなどによる寸止めが基本。相手に当ててはいけないが、不意に顔面に打撃をくらうことも少なくない。

 小学3年から始めた空手。オシャレを満喫する真っただ中の高校時代は、周りの友達と同じように“女子力”を意識するJKだった。空手選手として精進する一方で、体作りへの恥ずかしさや抵抗感のようなものを抱いていたという。

「女性として綺麗、かわいいと思われたい気持ちもあったので、そこを優先していた。だから『引退したらすぐに結婚する』とか、そういうバカなことを言っていましたね。幼いじゃないですか。今はオリンピックで優勝するためなら、そんなことはどうでもいい」

 大学時代も女子力高め。2013年に空手が東京五輪の実施種目候補に入った時は、卒業後に引退するつもりでいた。“普通の女の子”になりたい欲も捨てきれない。恋心だってあった。五輪は28歳で迎える。女子の空手選手で20代後半はベテランだ。しかし、徐々に覚悟が芽生え、東京五輪を目指すことを決意。15年9月に五輪種目に正式決定する頃には金メダル獲得を宣言していた。そして、完全に吹っ切れた時がある。

「(連覇を目指した)2018年の世界選手権で2位になってからかな。高校生からずっと女子になりたい欲は半端なかったけど、『いつでもできるじゃん』と思うようになった。世界選手権で負けてからは『何、戯言を言っているんだ自分』って思うようになりましたね。自分の中で凄く(実力や調子が)上がってきた時で、連覇しようと思っていたので。

 負けてしまったので、凄く自分の気持ちが乱れていましたね。昔は自分がどんな言葉を発して、どんな考えをしていたんだろうと振り返ったり、昔の記事を読んだりしました。昔は早く引退して結婚したいと言っていたけど、世界選手権で負けた時はもうそんなの何とも思わない。『優勝できるならそんなのいらない』と思うようになりました。悔しさもあったし、そんなことで感情が乱れるぐらいなら恋愛とかいらないなと」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集