[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

足の速さは能力だけじゃない 元五輪選手が明かす「速く走る」コツは?

コンマ1秒でも速く走りたい、徒競走で1等賞になりたい――。子供の頃の運動会や短距離走でそう思ったことがある人は少なくないだろう。

20161212_ito1

元短距離選手の伊藤友広氏が解説、トップ選手もやっている練習とは―

 コンマ1秒でも速く走りたい、徒競走で1等賞になりたい――。

子供の頃の運動会や短距離走でそう思ったことがある人は少なくないだろう。しかし「速く走る」ためのノウハウを自然と身につけることは難しい。気負いが力みにつながってしまうケースもある。それではどのような意識、トレーニングが有効なのか。かつてオリンピックに出場した実績を持つ陸上選手がその“ヒント”を明かした。

 走るスピードを上げるにはどうしたらいいのか。解説したのは2004年アテネ五輪日本代表として男子1600メートルリレーに出場した伊藤友広さんだ。

 高校時代に国体(少年の部)400メートルで優勝。法大進学後は国体・成年男子400メートルを制し、アジアジュニア陸上競技選手権の1600メートルリレーでもアンカーを務め、優勝。4年時にはアテネ五輪の1600メートルリレーメンバー入り。決勝ではメダル獲得こそ逃したものの、3位のナイジェリアにわずか80センチまで迫り、過去最高となる4位に入賞した。現役引退後は、国際陸上競技連盟の公認指導者資格(キッズ対象)を取得し、400メートルハードルの日本記録保持者で計3度の五輪に出場した為末大さんらとともに、子供たちへの指導などを行っている

 全国各地を回っての指導も実施。そんな伊藤さんは先月行われた「東北『夢』応援プログラム」で東日本大震災の被災地となった岩手県宮古市の高浜小学校で小学生25人に約2時間、講義を行なった。その際、走るスピードについてこう話した。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集