[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

黒光りさせた自慢の「腹筋」 起業を経て帰ってきた日本王者、30歳田中健斗が復活2冠

“夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の最終予選が12日、埼玉・三郷市文化会館大ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。スポーツモデル部門ではトールクラス(176センチ以上)とオーバーオール(総合)で田中健斗が優勝し、2冠に輝いた。日本大会でクラス別を4度、オーバーオールを3度制している実力者だが、ここ2年は大会未出場。空白の期間と久々の優勝について聞いた。

「SUMMER STYLE AWARD」トールクラス(176センチ以上)とオーバーオール(総合)で優勝した田中健斗【写真:中戸川知世】
「SUMMER STYLE AWARD」トールクラス(176センチ以上)とオーバーオール(総合)で優勝した田中健斗【写真:中戸川知世】

サマー・スタイル・アワード最終予選

“夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の最終予選が12日、埼玉・三郷市文化会館大ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。スポーツモデル部門ではトールクラス(176センチ以上)とオーバーオール(総合)で田中健斗が優勝し、2冠に輝いた。日本大会でクラス別を4度、オーバーオールを3度制している実力者だが、ここ2年は大会未出場。空白の期間と久々の優勝について聞いた。

 ◇ ◇ ◇

――優勝おめでとうございます。

「ありがとうございます。2年間ほど出場しておらず、今回久しぶりに大会に出させてもらったので勝ててよかったです。久しぶりでしたし、レベルが上がっているのは知っていたので、楽しんで出られたらいいな、というぐらいで考えていました。結果が出たのでよかったです」

――とても楽しんでいるように見えました。最後の2人に残ったライバルとグータッチをしていましたが。

「彼とは昔同じジムで一緒にやっていた後輩で仲も良かったんです。そういう人と競い合えて、とても楽しかったです」

――30歳で、First-Fit株式会社の代表取締役をしている。

「もともとトレーナーを6年ぐらいやっていたのですが、1年半前ぐらいに独立して開業しました。今は7人で、次は10人ぐらいになる予定です。新宿、錦糸町、六本木、麻布十番に店舗があります。パーソナルトレーニングをメインでやっていますが、いろんなことに挑戦したいなと思い、今はまた別の事業も進めています」

――2年間出場していなかったのはやはり起業の関係か。

「そうですね。なにも分からない状況から始まっていたので、筋トレに割いている時間があまりありませんでした」

――2年間やっていなかったことで不安はあったか。

「そうですね。どこまで絞れているかという感覚が分かりませんでした。引っ越しもしていて体重計がなかったので、最後に体重を量ったのが3週間前とかでした。大丈夫かな、という感じでしたがなんとか勝てたなと」

――トレーニングを始めたきっかけは。

「高校生のときにバスケットボールをやっていて、バスケ部にパーソナルトレーナーのような人がいたんです。そこからトレーニングが自分のルーティンになってずっとやるようになりました」

――自慢の部位は。

「腹筋だと思います」

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集