[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

妊娠・出産太り→1年で20kg減量 子育てと両立した34歳久保田清音「娘に将来自慢したい」

一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会が主催する「ベストボディ・ジャパン2022首都圏大会」が10月22日に千葉・習志野文化ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。30~39歳が対象のベストボディ・ジャパン部門レディースクラスは34歳の久保田清音(くぼた・すがね)がグランプリを獲得した。1年前に出産を経験し、20キロの減量に成功してつかんだ栄冠。愛娘の誕生日に花を添えた大会の感想を聞いた。

ベストボディ・ジャパン部門レディースクラスでグランプリを獲得した久保田清音【写真:中戸川知世】
ベストボディ・ジャパン部門レディースクラスでグランプリを獲得した久保田清音【写真:中戸川知世】

ベストボディ・ジャパン首都圏大会

 一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会が主催する「ベストボディ・ジャパン2022首都圏大会」が10月22日に千葉・習志野文化ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。30~39歳が対象のベストボディ・ジャパン部門レディースクラスは34歳の久保田清音(くぼた・すがね)がグランプリを獲得した。1年前に出産を経験し、20キロの減量に成功してつかんだ栄冠。愛娘の誕生日に花を添えた大会の感想を聞いた。

 ◇ ◇ ◇

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちは。

「これまで3大会に出て、ずっと3位か2位どまりでグランプリを取れなかったのですが、“4度目の正直”で最後に取れました。信じられない気持ちです」

――優勝できた要因は。

「正直、2番のところで呼ばれる気満々でした(笑)。でも、先生やトレーナーさんに教えていただいたものを全部出せましたし、過去の3大会での反省や失敗を取り除き、いいものだけを取り入れて臨みました。最後の最後でグランプリを取れて、とてもうれしいです」

――決勝でセンターに立った時のお気持ちは。

「その時ですでに夢見心地でした。今も、嘘みたいな気持ちです。周りは本当に素晴らしい方ばかりで、正直、ビビって挑戦した大会でもありました。それだけに今もまだ夢見心地です」

――苦労もあった。

「一番大変だったのは、私、1年前に子どもを産んでいるんです。子どもを育てながらの減量が本当に大変でした。20キロ落としました。周りの協力もあって、感謝しています。あさって(25日)が娘の1歳の誕生日なので、とてもいい気持ちです。娘にいい報告ができます。そして将来自慢できるように、これからも痩せ続けたいと思っています」

――始めたきっかけは。

「トレーニング自体は4年前からやっていたのですが、妊娠、出産したこともあって太ってしまったんです。それで痩せようとトレーニングを再開したのですが、なかなか痩せられなくて、それならとベストボディの大会に出場することを決めました。目標を決めたら痩せられるのではと思って」

――日本大会に向けて。

「日本一に向けて、精一杯トレーニングに励みたいと思います」

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集