[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エマヌエル・ナバレッテの記事一覧

  • ナバレッテが12回TKOで初防衛 ガードの隙間抜く技ありアッパーに米称賛「エグい!」

    2021.04.25

    ボクシングのWBO世界フェザー級タイトルマッチが24日(日本時間25日)、米フロリダ州キシミーで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同級6位の挑戦者クリストファー・ディアス(プエルトリコ)を12回TKOで撃破。初防衛に成功した。ナバレッテの戦績は33勝(28KO)1敗。4度のダウンを奪う完勝だったが、米興行大手「トップランク」は4回に左アッパーで倒したダウンシーンを動画付きで公開。称賛を集めている。

  • ナバレッテ、フェザー級転向を発表「即座に世界戦をしたい」 井上尚弥戦が遠のく道へ

    2020.07.12

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同王座を返上し、1階級上のフェザー級に本格転向することを発表した。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • ナバレッテ、王座返上でフェザー級転向へ 米記者報道「近い将来、空位の王座を狙う」

    2020.07.10

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同王座を返上し、1階級上のフェザー級に本格転向する可能性が浮上している。米記者が伝えている。

  • 井上尚弥は「扱いやすいし、ヤワだ」 対戦熱望ナバレッテが前Sバンタム級王者と比較

    2020.07.04

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)は、自身が倒した前同級王者とWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)を比較している。米スポーツ専門局「ESPN」スペイン語版が報じている。

  • ナバレッテ、次戦もフェザー級なら即世界戦か 候補には無敗の五輪メダリスト

    2020.06.23

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテは、20日(日本時間21日)にメキシコシティで行われたフェザー級10回戦でウリエル・ロペス(ともにメキシコ)に6回TKO勝ち。将来的に見据える階級で勝利したが、米メディアはナバレッテのWBO世界同級タイトルマッチの可能性について言及している。

  • ナバレッテが悶絶右ボディーで6回TKO勝ち 自身27連勝、フェザー級でも着実勝利

    2020.06.21

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテは、20日(日本時間21日)にメキシコシティで行われたフェザー級10回戦でウリエル・ロペス(ともにメキシコ)に6回TKO勝ち。4か月ぶりの試合を6戦連続KO勝利で決めた。勝利の模様を海外メディアが報じている。

  • とにかく戦うナバレッテ 20日興行が1年半で7戦目、陣営代弁「報酬減額気にせず臨む」

    2020.06.19

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテは、20日(日本時間21日)にメキシコシティで行われるウリエル・ロペス(ともにメキシコ)とのフェザー級10回戦に登場する。今年2月に王座奪取からわずか1年2か月でV5を達成した25歳。4か月ぶりの試合に飢えた様子を米メディアが報じている。

  • ネリ、「6.20」にメキシコで無観客試合に登場へ 米報道「対戦相手はまもなく発表」

    2020.05.09

    ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が6月20日に母国メキシコで試合を行う可能性が浮上した。 米メディア「ボクシングニュース24」が伝えている。

  • ナバレッテ、井上尚弥との“早期対決”を熱望 理由に体格面「彼の身長を考えれば…」

    2020.05.09

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO世界王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。新型コロナの終息が待たれる中、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)は井上とのスーパーバンタム級での早期対決を熱望。その理由に井上の体格面を挙げている。メキシコメディア「BOLAVIP」が報じている。

  • 井上尚弥との対戦を諦めない ナバレッテ陣営熱望「我々はイノウエと戦いたい」

    2020.05.01

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。新型コロナ終息後の日程に注目が集まる中、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)のプロモーターが井上のスーパーバンタム昇格を熱望。「モンスターを自称するならナバレッテと戦え」とビッグマッチ実現に挑戦状を送っている。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • 井上尚弥戦熱望のSバンタム級王者 “無視”されたカシメロが宣言「俺が仕留める」

    2020.04.23

    ボクシングのWBO世界スーバーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望。しかし、井上との3団体統一戦を控えるWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は完全に無視された形となり「ナバレッテに待ってろと言ってくれ」と挑戦状を叩きつけている。フィリピンボクシング専門メディア「リアルファイト PH」が報じている。

  • 井上尚弥の昇級を望む― ナバレッテが再ラブコール「可能性がある。なぜなら彼は…」

    2020.04.20

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。そんな中、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)は統一戦が組めない現状を嘆いた上で、井上との対戦を改めて熱望。スーパーバンタム級への即時昇格を求めている。

  • 井上尚弥だけじゃない ナバレッテのもう1人の標的はネリ「それができなければ…」

    2020.04.09

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。1階級上の強豪王者、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)はかねてから井上との将来的な対戦を熱望していたが、同門の“悪童”、前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)もターゲットの1人に定めているようだ。米ESPNのスペイン語版が報じている。

  • 井上尚弥の転級を待つ男 V5王者ナバレッテが熱望「対戦したくない人はいるのか」

    2020.04.08

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。コロナ禍で興行延期が続くボクシング界の再開が待たれる中、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)は「オレが求めるものは統一戦かイノウエ」と宣言。モンスターの転級と試合実現を待ち望む言葉を、メキシコ地元紙「エル・ヘラルド・デ・メヒコ」が報じている。

  • 「イノウエを待つなら最高だ」 ナバレッテの7月V6戦Sバンタム級残留で米記者指摘

    2020.03.15

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が、7月に6度目の防衛戦に挑む計画が明らかになっている。噂されるフェザー級転向を見送った理由について、米記者は「ナオヤ・イノウエを待つためにスーパーバンタム級に留まっているとすれば、最高じゃないか」と対戦の可能性に触れている。

  • ナバレッテが11回TKOで5戦連続KO防衛 “根性の13連打”で決着、1年2か月で早くもV5

    2020.02.23

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガス・MGMグランドガーデンアリーナで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同級5位ジェオ・サンティスマ(フィリピン)に11回2分20秒TKO勝ちを収めた。王座奪取から1年2か月で早くも5度目の防衛に成功。WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)のメインイベントを前に猛ラッシュを見せつけた。

  • ナバレッテ、井上尚弥戦実現でも… 米メディアが「イノウエ圧勝」を予想したワケ

    2019.12.09

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが7日(日本時間8日)、メキシコ・プエブラで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がフランシスコ・オルタ(メキシコ)に4回2分9秒TKO勝ちを収めた。海外メディアでWBAスーパー&IBFバンタム級王者・井上尚弥(大橋)との最強王者対決に期待が高まる中、米メディアは「イノウエの圧勝を予想せざるを得ない」と分析している。

  • ナバレッテ鮮烈V4、米メディアはVS井上尚弥を待望 「虹の彼方の金の財宝」と形容

    2019.12.09

    ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが7日(日本時間8日)、メキシコ・プエブラで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がフランシスコ・オルタ(メキシコ)に4回2分9秒TKO勝ちを収め、4度目の防衛を達成した。1年間で5勝を記録した「ボクシング界で最もハードワークな男」というナバレッテと、WBAスーパー&IBFバンタム級王者の井上尚弥(大橋)のマッチアップを、米メディアは「虹の彼方の金の財宝」と待望している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集