[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング世界戦で波紋 長すぎた「27秒カウント」から大逆転負け、陣営は無効試合を要求

ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王座決定戦が3日(日本時間4日)、米アリゾナ州グレンデールで行われ、エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がリアム・ウィルソン(豪州)に9回TKO勝ち。4回にKO負け寸前のダウンを喫しながら大激戦を演じ、逆転で3階級制覇を飾った。しかし、敗れたウィルソンは4回のダウンについて明らかに時間稼ぎしたナバレッテと主審に怒りを露わに。さらに、陣営は無効試合を求めて正式抗議する事態に発展している。

WBO世界スーパーフェザー級王座決定戦、リアム・ウィルソン(左)に攻め込まれるエマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】
WBO世界スーパーフェザー級王座決定戦、リアム・ウィルソン(左)に攻め込まれるエマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】

WBO世界スーパーフェザー級王座決定戦で敗れたウィルソン陣営が声明

 ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王座決定戦が3日(日本時間4日)、米アリゾナ州グレンデールで行われ、エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がリアム・ウィルソン(豪州)に9回TKO勝ち。4回にKO負け寸前のダウンを喫しながら大激戦を演じ、逆転で3階級制覇を飾った。しかし、敗れたウィルソンは4回のダウンについて明らかに時間稼ぎしたナバレッテと主審に怒りを露わに。さらに、陣営は無効試合を求めて正式抗議する事態に発展している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 試合後、騒動が拡大している。問題となったのは4回。ナバレッテはウィルソンの左フックを浴び、猛ラッシュを食らってダウンした。仰向けに倒れ、ロープを掴んで立ち上がったが、ダメージは色濃かった。そして、カウントが6秒を過ぎたあたりで口からマウスピースを吐き、それがキャンバスに転がった。本人はそれを拾うことなく、代わりに拾った主審に促されて再度くわえたが、その間も時間は経過。ダウンから試合再開まで27秒を要した。

 ここを耐え凌いだナバレッテは徐々に回復。逆に9回に強烈な右カウンターでダウンを奪い、さらに連打を浴びせたところでレフェリーが試合を止めてTKO勝ちとなった。報道によると、敗れたウィルソンは納得がいかず、試合後は「(4回のダウンは)彼は完全に弱ったように見えた。冷静さとメンタルを取り戻し、回復するために時間稼ぎをするのは恥ずかしい」とナバレッテを糾弾。地元メディアも故意にマウスピースを吐いたと指摘するなど、波紋が広がっていた。

 さらに、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」豪州版では試合後のウィルソン陣営の意向を明らかにしている。記事によると、ノーコンテスト(無効試合)を即要求。「彼(のタイトル)は奪われた。オーストラリア選手こそが新たな世界チャンピオンである」と声明を出した。4回のダウンは27秒の長いカウントを与えられたことを確信しており、アリゾナ州ボクシング&MMA委員会に対して、ナバレッテ勝利の判定を覆すことを求めているという。

 また、記事によるとナバレッテをプロモートしている米興行大手「トップランク」側さえ、カウントは長すぎるとみなしたことを示唆しているという。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集