[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナバレッテ、井上尚弥との“早期対決”を熱望 理由に体格面「彼の身長を考えれば…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO世界王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。新型コロナの終息が待たれる中、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)は井上とのスーパーバンタム級での早期対決を熱望。その理由に井上の体格面を挙げている。メキシコメディア「BOLAVIP」が報じている。

井上尚弥とエマヌエル・ナバレッテ(右)【写真:Getty Images】
井上尚弥とエマヌエル・ナバレッテ(右)【写真:Getty Images】

自身と井上の適正階級を分析「122ポンドにならざるを得ない」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO世界王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。新型コロナの終息が待たれる中、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)は井上とのスーパーバンタム級での早期対決を熱望。その理由に井上の体格面を挙げている。メキシコメディア「BOLAVIP」が報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 2月22日にジェオ・サンティスマ(フィリピン)に11回2分20秒KO勝ちし、王座奪取からわずか1年2か月でV5を達成したナバレッテ。ハイペースで防衛を重ねるスーパーバンタム級王者は常々井上との対戦を熱望していたが、新型コロナ禍で一時停止を余儀なくされているボクシング界でも、その思いは変わらない様子だ。

「イノウエは是非とも対戦したいファイターの1人だ。彼の身長を考えれば、彼はフェザー級ではできないと思う。彼との戦いは122ポンド(スーパーバンタム級)にならざるを得ないかもしれない」

 記事によると、ライトフライ級からバンタム級まで無双状態を続けてきたモンスターに対し、ナバレッテはこう持論を展開したという。身長165センチの井上に対し、バンタム級から2階級上になるフェザー級での適性を疑問視。対決するならスーパーバンタムになるだろうとみている。

「オレには122ポンドで多くの時間はもう残されていない。もし、実現するなら、今年になるだろう。そうでなければ、実現はしないと思う」

 こうも語ったというナバレッテ。体形的にスーパーバンタムでの戦いが限界に近づいていると常々語っていた。井上とのドリームマッチの実現は年内がタイムリミットと予想していた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集