[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の昇級を望む― ナバレッテが再ラブコール「可能性がある。なぜなら彼は…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。そんな中、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)は統一戦が組めない現状を嘆いた上で、井上との対戦を改めて熱望。スーパーバンタム級への即時昇格を求めている。

井上尚弥とエマヌエル・ナバレッテ(右)【写真:Getty Images】
井上尚弥とエマヌエル・ナバレッテ(右)【写真:Getty Images】

スーパーバンタム級の最強王者が井上との対戦を改めて熱望

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。そんな中、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)は統一戦が組めない現状を嘆いた上で、井上との対戦を改めて熱望。スーパーバンタム級への即時昇級を求めている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 2月22日にジェオ・サンティスマ(フィリピン)に11回2分20秒KO勝ちし、王座奪取から1年2か月で早くも5度目の防衛に成功したナバレッテ。現代では異例とも言えるハイペースで防衛を重ねるスーパーバンタム級最強王者は共同プロモート契約を結ぶトップランク社の公式YouTubeに登場した。

「オレは常に統一戦を求めている。自分がファイトを断った姿をみんな見たことはないだろう。常に統一戦を実現させたいと願っている。実現しなかったとしても、自分がやりたくなかったとか、興味がなかったとか、断ったということではないんだ。色々あったが、自分たちは実現させようとしているので、そこは仕方ない。実現しないとすれば、相手がやりたくないだけなんだ」

 記録的なペースで防衛を重ねる25歳のメキシカン。その間、他団体の王者にオファーを出していたが、実現していないようだ。一方で熱望しているのはバンタム級の盟主、井上とのマッチアップだという。

 トップランク社と共同プロモート契約を結んだ井上とは今や“同門”になった。「近い将来での対戦を予期できるか?」と質問されたナバレッテは「これ(コロナ禍)が急速に終息すれば、そして、日本人ファイターからの興味があれば、122ポンド(55.3キロ=スーパーバンタム級)ではどのファイターよりも実現は容易だろうと思う」と語っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集