[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦熱望のSバンタム級王者 “無視”されたカシメロが宣言「俺が仕留める」

ボクシングのWBO世界スーバーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望。しかし、井上との3団体統一戦を控えるWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は完全に無視された形となり「ナバレッテに待ってろと言ってくれ」と挑戦状を叩きつけている。フィリピンボクシング専門メディア「リアルファイト PH」が報じている。

井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

井上戦望むナバレッテにカシメロが反応「待っておけと伝えてほしい」

 ボクシングのWBO世界スーバーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望。しかし、井上との3団体統一戦を控えるWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は完全に無視された形となり「ナバレッテに待ってろと言ってくれ」と挑戦状を叩きつけている。フィリピンボクシング専門メディア「リアルファイト PH」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 2月22日にジェオ・サンティスマ(フィリピン)に11回2分20秒KO勝ちし、王座奪取から1年2か月で早くも5度目の防衛に成功したナバレッテ。メキシカンボクサーは契約を結ぶトップランク社の公式YouTubeに登場した。

「イノウエとの近い将来の対戦? これ(コロナ禍)が急速に収束すれば、そして、日本人ファイターからの興味があれば、122ポンド(55.3キロ=スーパーバンタム級)ではどのファイターよりも実現は容易だろうと思う」

 こう対戦を熱望した上で、4月25日に予定されていた井上とカシメロのバンタム級の3団体統一戦について言及していた。

「彼はカシメロと対戦することになっていた。4月に対戦するはずだったが、オレにはわからない。このファイト(自身と井上の試合)はすぐに実現しなければいけないだろう。なぜなら、オレは126ポンド(57.1キロ=フェザー級)への転級を検討しているからだ。スーパーバンタム級に留まるとすれば、イノウエ、もしくは統一戦しかないだろう」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集