[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナバレッテが悶絶右ボディーで6回TKO勝ち 自身27連勝、フェザー級でも着実勝利

ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテは、20日(日本時間21日)にメキシコシティで行われたフェザー級10回戦でウリエル・ロペス(ともにメキシコ)に6回TKO勝ち。4か月ぶりの試合を6戦連続KO勝利で決めた。勝利の模様を海外メディアが報じている。

エマヌエル・ナバレッテが6回TKO勝ち【写真:Getty Images】
エマヌエル・ナバレッテが6回TKO勝ち【写真:Getty Images】

今年2月にWBO世界スーパーバンタム級でV5達成

 ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテは、20日(日本時間21日)にメキシコシティで行われたフェザー級10回戦でウリエル・ロペス(ともにメキシコ)に6回TKO勝ち。4か月ぶりの試合を6戦連続KO勝利で決めた。勝利の模様を海外メディアが報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 フェザー級でも、確実に勝利を手にした。ナバレッテは5回にボディーショットを決めてダウンを奪うと、決着は6回だ。密着した状態から左ボディー、左フック、右ボディーストレートと連打。たまらずロペスは膝から崩れ落ちた。立ち上がったものの、レフェリーがストップ。ナバレッテは大きなリアクションをせず、淡々と勝利を受け止めた。

 実際の動画をメキシコの「サンフェル・プロモーションズ」公式ツイッターが公開。25歳のナバレッテは、WBO世界スーパーバンタム級王座奪取からわずか1年2か月でのV5を今年2月に達成したばかり。この試合はフェザー級ノンタイトル戦だったが、将来的に見据える階級で勝利した。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「エマヌエル・ナバレッテがウリエル・ロペスを2度キャンバスに倒し、6回に勝利した」との見出しで記事を掲載。「25歳のナバレッテは27連勝を飾った。また6連続KO勝利である。第6ラウンド終盤にロペスに左右のパンチを食らわせた。ボロボロになったロペスがレフェリーに10カウントされ、試合は終わった」と伝えている。

 ナバレッテは米興行大手・トップランク社を通じ「俺はウリエル・ロペスに最大限の敬意を払いたい。彼は勇敢な努力を重ねてきたが、俺がKO勝ちすることが出来た。俺はタイトルを統一したい。しかし誰も俺の挑戦を受け入れないのなら、俺はフェザー級に転級するだろう」とコメントしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集