[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

激励拒否の「ノー」3連発 UFC新人の“戦意喪失ギブアップ”に反響「かわいそう」

米最大の総合格闘技「UFC」は20日(日本時間21日)、米ネバダ州ラスベガスで「UFCファイトナイト」を開催。ライト級マッチではオースティン・ハバードがマックス・ロシュコップ(ともに米国)にTKO勝ちした。UFC初参戦のロシュコップは2回終了後、試合を続けるようにコーチから励まされながらもギブアップ。米メディアが実際のやりとりを動画で公開すると、「やめちゃダメだ」「ひどいアドバイスだ」などファンから賛否の声が集まっている。

マックス・ロシュコフ(左)はオースティン・ハバードに敗れ初戦を飾れず【写真:Getty Images】
マックス・ロシュコフ(左)はオースティン・ハバードに敗れ初戦を飾れず【写真:Getty Images】

UFC初参戦のロシュコップと陣営のやりとりを米メディアが公開

 米最大の総合格闘技「UFC」は20日(日本時間21日)、米ネバダ州ラスベガスで「UFCファイトナイト」を開催。ライト級マッチではオースティン・ハバードがマックス・ロシュコップ(ともに米国)にTKO勝ちした。UFC初参戦のロシュコップは2回終了後、試合を続けるようにコーチから励まされながらもギブアップ。米メディアが実際のやりとりを動画で公開すると、「やめちゃダメだ」「ひどいアドバイスだ」などファンから賛否の声が集まっている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 ほろ苦いデビュー戦となった。2回終了後、椅子に座り、うなだれながら陣営と言葉を交わすロシュコップ。かなりのダメージを受けて戦意喪失の様子で、ギブアップを伝えているようだ。コーチを務めるロバート・トリスデールは耳元で戦いを続けるように励ましているが、声は届いていない。実際のやり取りはこうだ。

トリスデール「お前ならあいつを倒せる」
ロシュコップ「ノー。終了だ」
トリスデール「深呼吸だ」
ロシュコップ「ノー」
トリスデール「相手と距離を取って……」
ロシュコップ「ノー」
トリスデール「負けたいのか?」
ロシュコップ「イエス、これ以上何もしたくない」
トリスデール「お前はチャンピオンだ」

 結局、ロシュコップは次のラウンドを戦うことなくTKO負けとなった。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」は「陣営が拒みながらもUFC選手が試合をギブアップした」と見出しを打って記事を掲載。「ドリスデールコーチはまだチャンスはあるということを話して励まそうとしたが、ロシュコップの意思は強かった」と伝えている。

 米スポーツ専門局「ESPN」のMMA公式ツイッターは、陣営と言葉を交わしている実際の動画を公開。悲壮感漂うロシュコップの様子に対して「UFCでは怪我をしない限りやめちゃダメだよ」「この陣営のライセンスを失わせるべきだ。これでは人が死んでしまう」「本当にかわいそう」「ひどいアドバイスだ」「全ての人がみんな大丈夫というわけではないからね」「選手を激励しようというのは分かるけど……」「マックス、良い判断だ。君がチャンピオンだ」など、海外ファンから賛否の声が集まっていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集