[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

かつて井上尚弥と対戦熱望 ナバレッテの衝撃KOに海外騒然、挑戦者が1分起き上がれず

ボクシングのWBO世界フェザー級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米カリフォルニア州サンディエゴで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同級7位の挑戦者エドゥアルド・バエス(メキシコ)を6回1分5秒KOで撃破。V3を達成した。決着は強烈な左ボディブロー。KO決着後も1分近く挑戦者が立ち上がれない驚きのシーンとなった。実際の様子を紹介した米メディアには驚愕の声が寄せられている。

エマヌエル・ナバレッテ(右)がエドゥアルド・バエスを6回1分5秒KOで破り、V3を達成した【写真:Getty Images】
エマヌエル・ナバレッテ(右)がエドゥアルド・バエスを6回1分5秒KOで破り、V3を達成した【写真:Getty Images】

WBO世界フェザー級タイトルマッチでナバレッテが6回KO勝ち

 ボクシングのWBO世界フェザー級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米カリフォルニア州サンディエゴで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同級7位の挑戦者エドゥアルド・バエス(メキシコ)を6回1分5秒KOで撃破。V3を達成した。決着は強烈な左ボディブロー。KO決着後も1分近く挑戦者が立ち上がれない驚きのシーンとなった。実際の様子を紹介した米メディアには驚愕の声が寄せられている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 思わず実況席も笑い出した。6回開始から50秒過ぎ、接近戦からナバレッテは強烈な左ボディブローを打ち込んだ。バエスは一瞬遅れ、キャンバスに膝をつく。レフェリーにカウントされても立ち上がることができず、KO決着に。勝敗が決した瞬間、よほどダメージが大きかったのか、苦悶の表情を浮かべ、仰向けに倒れた。関係者に促されても体を起き上がらせることもできない。1分近く経ち、上体を起こすのがやっとだった。

 米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」は公式ツイッター、インスタグラムで決着シーンを動画で紹介。目の当たりにした海外ファンから「エグイ一撃だ…ナバレッテはこの試合は負けていた」「タンク・デービスみたいだみたいだ」「ナバレッテの素晴らしいボディショット」「このボディショットで勝利」「これが(相手を)破壊するパンチになった」と驚きの声が寄せられている。

 2階級制覇王者のナバレッテはこれで3度目の防衛。スーパーバンタム級時代は、バンタム級で当時2団体統一していた井上尚弥(大橋)との対戦を熱望していたこともあったが、階級を上げても無類の強さを発揮している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集