[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ベンチにいた監督に突然の退場宣告→45秒の口論に発展 米ファン辛辣「審判の資格なし」

米大リーグの試合で、“フェイストゥフェイス”で球審と激しい口論を繰り広げた監督が注目を集めている。カージナルスのオリバー・マーモル監督は21日(日本時間22日)に行われた敵地ダイヤモンドバックス戦で、微妙判定に抗議して退場処分に。怒り心頭のマーモル監督と球審が45秒間にわたって“口論”を展開し、米ファンからは「審判の資格なし」「怒りに同意」など球審への糾弾の声が上がっている。

球審との激しい口論で退場処分を受けたカージナルスのマーモル監督【写真:ロイター】
球審との激しい口論で退場処分を受けたカージナルスのマーモル監督【写真:ロイター】

Dバックス戦でのストライク判定に抗議したカージナルスのマーモル監督

 米大リーグの試合で、“フェイストゥフェイス”で球審と激しい口論を繰り広げた監督が注目を集めている。カージナルスのオリバー・マーモル監督は21日(日本時間22日)に行われた敵地ダイヤモンドバックス戦で、微妙判定に抗議して退場処分に。怒り心頭のマーモル監督と球審が45秒間にわたって“口論”を展開し、米ファンからは「審判の資格なし」「怒りに同意」など球審への糾弾の声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 一瞬、何が起こったか分からない退場劇だった。3-3で迎えた3回表1死一、二塁。カージナルスのノーラン・アレナドは初球92マイル(約148キロ)のインコースの速球を見逃したが、クリストファー・ブレイク(CB)バックナー球審はストライク判定を下した。悠然と見送ったアレナドがやや不服そうな態度を見せたところで、突然、バックナー球審は急にカージナルスのベンチに向かって退場をコール。球場は騒然とした。

 退場処分を受けたのはアレナドではなく、カージナルスのマーモル監督。ベンチ内から何らかの暴言を発したとみられ、これに納得がいかない指揮官はすぐにベンチを飛び出した。最初はマーモル監督の言い分を黙って聞いていたバックナー球審。しかし、ヒートアップするマーモル監督に黙っていられなくなったのか、激しい口論に発展した。

 途中で塁審が仲裁に入ったが、それでも怒りが収まらないマーモル監督。バックナー球審も興奮した様子で言葉を浴びせて応戦し続けた。結局、口論は45秒間にも及び、マーモル監督はその場を後にした。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターは「クリストファー・ブレイク・バックナーとオリバー・マーモルがストライク判定を巡り激しく口論」との文面で動画を公開。米ファンからは「審判の資格なし」「すぐさま引退を」「CB(=クリストファー・ブレイク)はひどいよ」「CBへの怒りに同意する」「なんでこんな審判がいるのか」など、球審への批判の声が上がった。

 また、中には誤審が多いことで有名だったMLBの審判、アンヘル・ヘルナンデス氏を引き合いに出し「バックナーと(アンヘル・)ヘルナンデスはルームメイトに違いない」「ヘルナンデスよりひどいな」といった声も寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集