[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで「これは失策になるの?」 平凡ゴロを捕球→グラブすり抜け、まさかの原因とは

米大リーグで平凡なゴロが内野手のグラブの網をすり抜け、エラーとなる珍事が発生。実際の様子を紹介した動画には「これは失策になるの?」「グラブを50%オフにすべきだね」など驚きの声が上がり、話題になっている。

ロッキーズのライアン・マクマーン【写真:ロイター】
ロッキーズのライアン・マクマーン【写真:ロイター】

ロッキーズ三塁手が超珍事、ファンから「失策にカウントすべきじゃないよ」の声

 米大リーグで平凡なゴロが内野手のグラブの網をすり抜け、エラーとなる珍事が発生。実際の様子を紹介した動画には「これは失策になるの?」「グラブを50%オフにすべきだね」など驚きの声が上がり、話題になっている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさかの場面は21日(日本時間22日)、ジャイアンツ―ロッキーズ戦で起きた。0-0で迎えた2回無死二塁、ジャイアンツの5番エストラダが放った三遊間のゴロをロッキーズの三塁手マクマーンが捕球を試みた。しっかりと追いつき、グラブに収まった……かに見えたが、なぜか白球はすり抜けるように後方へ。遊撃手のハンプソンがフォローしたが、一塁に投げられず、出塁を許した。

 いったい、何が起きたのか。映像を見ると、マクマーンのグラブの指と指の間の部分をスポッと抜け、後逸していることが分かる。間にハマることは稀にみられるが、そのまますり抜けてしまうのは、滅多にない。記録は失策。MLB公式インスタグラムが紹介した動画には「もっと良いグラブを使って」「これは失策になるの?」「失策にカウントすべきじゃないよ」「グラブを50%オフにすべきだね」など、驚いたファンの声が寄せられた。

 守備側にすれば不運ではあるが、グラブのメンテナンスをしておくのも選手の努め。このエラーが絡み、ロッキーズはこの回に2失点。その後、点の取り合いとなり、試合は8-9と1点差で敗れただけに手痛いプレーとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集