[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子ゴルフ名手が意見に耳貸さず池ポチャの悲劇 米話題「だからキャディーに白髪が…」

米男子ゴルフプレーオフ第2戦・BMW選手権はパトリック・カントレー(米国)が通算14アンダーで逃げ切り、昨年に続く大会連覇を達成した。熱戦の中で、3日目に繰り広げられた名手とキャディーのやり取りにPGAツアーが注目。その結末に米ファンからは「永遠に学ばない」「キャディー信じて」といった声が上がっている。

BMW選手権に参戦したスピース(左)とキャディー【写真:ロイター】
BMW選手権に参戦したスピース(左)とキャディー【写真:ロイター】

米ゴルフBMW選手権3日目のワンシーン

 米男子ゴルフプレーオフ第2戦・BMW選手権はパトリック・カントレー(米国)が通算14アンダーで逃げ切り、昨年に続く大会連覇を達成した。熱戦の中で、3日目に繰り広げられた名手とキャディーのやり取りにPGAツアーが注目。その結末に米ファンからは「永遠に学ばない」「キャディー信じて」といった声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 注目を集めたのは、メジャー3勝を含むツアー通算12勝の実績を誇るジョーダン・スピース(米国)の第3ラウンド、パー4の5番ホール。ティーショットを左のフェアウエーバンカーに入れたスピースは第2打を巡って、キャディーのマイケル・グレラーと“会議”を始めた。

 グリーンの前に大きな池が広がるレイアウト。強気の攻めを主張するスピースに対してグレラーは「そうは思わない…」と反論。しかし「僕はできると思っている。傾斜はほとんど同じだ」と譲らないスピースに、最後はグレラーも「分かったよ」と“陥落”。「ここは僕が責任を持つよ」というスピースを信じた。議論に費やされた時間は1分30秒。バンカー内でアドレスを取って強振したスピースだったが、打った瞬間に「ハッハ」と乾いた笑い声を上げた。高く上がったボールはグリーンには遠く及ばず、あえなく池ポチャ。ギャラリーからは大きなため息が漏れた。

 PGAツアーの公式ツイッターは2人の一連のやり取りからの池ポチャまでの動画を公開。米ファンからは「スピースがスピースをしただけ…」「常にキャディーのことを信じて」「永遠に学ばないな」「コースが悪かったよ」「ジョーダンがアドバイスを聞いたことって一度もない」「キャディーの言うことに耳を傾けよう」「スピースはマイケルという名のメンタル問題を抱えている。本物のキャディーを見つけて」など厳しい声が寄せられている。

 米専門メディア「ゴルフダイジェスト」は「マイケル・グレラー、スピースにヒーローショットをやめさせようとするも失敗」との見出しで一連のやり取りをリポート。また、米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「ゴルフウィーク.com」は「スピースはワールドクラスのゴルファーということのみならず、リスキーなことでも有名だ。彼の名誉のために言えば、失敗よりもスペクタクル・ショット成功の方が多い。グレラーに白髪が多いのは、スピースのプレースタイルによるものだ」と皮肉を込めた記事を掲載した。

 スピースは結局、このホールをダブルボギー。第2ラウンドまで首位と1打差2位の好位置につけていたが、74とスコアを崩して優勝戦線から大きく後退した。最終的には通算6アンダーの19位タイで終えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集