[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「携帯を失くすなら日本で」 帰国前日にアイルランド番記者が感動した“おもてなし”

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会では世界各国からメディアが集結。史上初の8強進出を果たした日本の勇敢な戦いぶり、母国チームが合宿地の人々と育んだ絆など、様々なエピソードを発信している。そんな中、準々決勝で敗退の決まったアイルランドメディアが日本で起きた感動のおもてなしエピソードを紹介。「もし、携帯電話を失くすなら、日本をオススメします」と絶賛している。

アイルランド記者は日本の"おもてなし"に感激【写真:石倉愛子】
アイルランド記者は日本の"おもてなし"に感激【写真:石倉愛子】

帰国前日に携帯を紛失した記者が体験した感動エピソードとは

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会では世界各国からメディアが集結。史上初の8強進出を果たした日本の勇敢な戦いぶり、母国チームが合宿地の人々と育んだ絆など、様々なエピソードを発信している。そんな中、準々決勝で敗退の決まったアイルランドメディアが日本で起きた感動のおもてなしエピソードを紹介。「もし、携帯電話を失くすなら、日本をオススメします」と絶賛している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「最後のグッバイ ラグビーW杯日記:私の失くした携帯電話を日本人が戻してくれた時間こそが彼らの国民性の証明だ」と見出しで報じたのは地元紙「アイリッシュ・サン」だった。世界ランク1位で開幕を迎え、優勝候補と目されたアイルランドは1次リーグで日本と激闘を繰り広げ、19日の準々決勝で3連覇を狙うニュージーランドに14-46で敗れ、敗退が決まった。

 日本で取材していたニール・オリオーダン記者も帰国の途に就いたが、その直前にアクシデントに見舞われたという。「携帯紛失」だった。

「もし、あなたがどこかで自分の携帯を失くすとするなら、日本で失くすことをオススメします。失くすこと自体をオススメしているわけではありませんが、戻ってくる可能性は世界のどこよりも遥かに高いでしょう。自分の経験上の話です」

 22日の夜便に帰国する前日に携帯電話を紛失したことに気づいたという。海外出張中の記者にとっては死活問題だったが、救いの神が現れた。

「どうにかこうにか、タクシーの領収書を持っていたので、レセプショニストがとても親切に会社に電話をしてくれたおかげで、彼らは携帯をキープしていることを確認してくれました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集