[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドレッド、金髪、パイナップル… 大会公式「髪型ベスト15」に堀江ら日本3選手選出

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で史上初のベスト8入りを果たした日本代表。南アフリカ戦では惜しくも敗れたが、その体を張った懸命なプレーは多くの感動を呼んだ。プール戦ではアイルランド、スコットランドを下し、4戦全勝のA組1位通過。この快進撃は世界中に大きな衝撃を与え、海外メディアが選ぶ週間ベスト15に日本代表選手が選出されたことも一度ではない。

日本ラグビー代表の堀江翔太【写真:Getty Images】
日本ラグビー代表の堀江翔太【写真:Getty Images】

堀江のドレッドヘアは「あの髪が間近に迫ると…」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で史上初のベスト8入りを果たした日本代表。南アフリカ戦では惜しくも敗れたが、その体を張った懸命なプレーは多くの感動を呼んだ。プール戦ではアイルランド、スコットランドを下し、4戦全勝のA組1位通過。この快進撃は世界中に大きな衝撃を与え、海外メディアが選ぶ週間ベスト15に日本代表選手が選出されたことも一度ではない。だが、世界にインパクトを与えたのは、そのプレースタイルだけではなかったようだ。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ラグビーW杯公式サイトでは「ヘア・ウィー・ゴー!」と題した特集記事を掲載。ここでは今大会、ヘアスタイルで衝撃を与えた最強フィフティーンを選んでいるが、なんとスクラムの要、フロントローに日本代表から2選手が選ばれた。そう、ドレッドヘアでおなじみのHO堀江翔太と、目にも鮮やかな金髪ヘアのPR中島イシレリだ。

 寸評では、堀江のドレッドヘアについて「敵を威嚇するため、と言われている」としながらも、「スクラムで組む相手にとって、あの髪が間近に迫ると口や目に入りそうになって気が散るような……。これも作戦か」と、威嚇よりも嫌がらせに近かった可能性を指摘。中島と対になる、もう1人のPRにはイングランド代表で金髪モヒカンヘアのジョー・マーラーを選出し、「ブロンドペア」と命名。ブロンドペアにドレッドが挟まれる並びに、「この3人が目の前に並んだら、相手のフロントローにとってはさぞ脅威だろう」と、その威圧感を恐れた。

 そして、ヘアスタイルがテーマとなる時、日本代表の中で忘れてはならない男がいる。快足フェラーリ、WTB松島幸太朗だ。サイドをスッキリと刈り上げて、頭頂部だけ髪を残したスタイルは、時にはパイナップルのように見えることも。寸評では、「今大会のスター選手の1人」でもある松島について、「その人気には、躍動的なプレーに加え、最近はやりの“クロップスタイル”も一役買っているはずだ」とし、髪型が与えるインパクトの大きさに触れた。

 15人のうち3人を輩出した日本代表は、カナダと並び参加20チームのうち最多タイ。プレーはもちろん、見た目のインパクトも抜群だったようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集