[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲垣啓太、危険タックル選手と舞台裏2ショット公開 「優勝してくれよな」と男気エール

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。男泣きしたPR稲垣啓太は試合後、ツイッターを更新。前半に危険タックルを受けた相手選手との2ショットを更新し、「優勝してくれよな」と粋なエールを送った。

ラグビー・日本代表の稲垣啓太【写真:Getty Images】
ラグビー・日本代表の稲垣啓太【写真:Getty Images】

激しいタックルを受けた敵選手と…「故意ではないの分かっている」とかばう

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。男泣きしたPR稲垣啓太は試合後、ツイッターを更新。前半に危険タックルを受けた相手選手との2ショットを更新し、「優勝してくれよな」と粋なエールを送った。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 強い男の心は優しい。稲垣はツイッターを更新し、2枚の写真を公開した。激闘を戦い抜いた白と赤のジャージをまとった稲垣。肩を組み、その隣に立っているのは、南アフリカのPRムタワリラだった。同じ背番号1同士。稲垣はいつも通り、無表情で笑顔はない。にっこりと笑みを見せるムタワリラと対照的だったが、がっちりと抱擁し、健闘を称え合うシーンも含め、披露した。

 稲垣は前半、ムタワリラに持ち上げられて頭から叩きつけられる危険なタックルを受けた。これにより、相手はシンビン(一時退場)に。しかし、試合が終われば、ノーサイド。稲垣は男気あふれる文面を記している。

「日本代表のW杯は終わった。応援して頂いた多くの方に感謝を伝えたい」と感謝。その上で「南アフリカの1番ムタワリラ選手。彼をずっと尊敬していたし、それは試合が終わった今でもそう。俺に対して危険なタックルがあったかもしれない。でも故意でないのは分かっている。気にしなくていい、ありがとう」とかばい、最後は「優勝してくれよな」と力強くエールを送った。

 この投稿は“それでも無表情”の稲垣の顔を含め、ネット上で話題を集めており、ノーサイドを体現する精神が称賛を集めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集