[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、高かった4強の壁 快進撃の後に残った悔しさ「力の差」「本当のトップチーム」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。前半は3-5と2点差で折り返すも、後半にFWで押され、最後は地力の差が出た。歴史的な快進撃の一方で、垣間見えた世界トップとの差。選手たちはどう感じたのだろうか。

日本は南アフリカに力の差を見せつけられ8強で敗退【写真:荒川祐史】
日本は南アフリカに力の差を見せつけられ8強で敗退【写真:荒川祐史】

力尽きた日本、快進撃を続けてきた桜の戦士たちが感じたこととは

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。前半は3-5と2点差で折り返すも、後半にFWで押され、最後は地力の差が出た。歴史的な快進撃を見せた一方で、垣間見えた世界トップとの差。選手たちはどう感じたのだろうか。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 前半は確かに健闘した。前半4分に先制のトライを許したが、南アフリカがシンビン(一時退場)で数的優位となった時間帯にはSO田村優のPGで詰め寄った。相手のミスにも助けられ、2点差で前半を終えたが、後半はフィジカルで後手に回った。

 25分までは何とか踏みとどまったが、最後は堪えきれず、立て続けにトライを奪われ、万事休した。善戦はした。だが、今大会初めてトライも奪えず、結果としては完敗だった。

 3度目のW杯だったHO堀江翔太は「前半は相手を苦しめたが、力の差があった」と認めた。ラインアウトに関しても「高かった。取れるところは頑張って取ったけど。自分たちのプラン通りにはやったので、悔いはない。今日は全部高かったし、プラン通りやったところに人がいた」と想定のさらに上をいかれたと振り返った。

 試合前に相手指揮官から警戒されていたSH流大も「相手を背走させて、空中戦でカオスを作ることはうまくいった。しかし、セットピースを含めて相手のプレッシャーがすごかった。素晴らしいチームと戦術にやられた」と脱帽の様子だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集