[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、高かった4強の壁 快進撃の後に残った悔しさ「力の差」「本当のトップチーム」

見せ場の少なかった松島「南アのプレッシャーがすごかった」

 モールでは押され、高さでも上回られた。特に後半はほとんど自陣にくぎ付けにされた。日本が誇る“Wフェラーリ”、松島幸太朗、福岡堅樹の両WTBの見せ場は少なかった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 ここまで5トライの松島は「南アのプレッシャーがすごく、あと一つというところでボールが出なかった。そのプレッシャーに(対して)修正できなかった」と肩を落とし、福岡も「本当に自分たちのやってきたことを全部出し切った結果。南アは強かった」と相手を認めるしかなかった。

 これが世界の“本気”なのだろう。アイルランドやスコットランドに対して優位に立ったFW戦で、序盤こそ踏ん張ったが、後半ははっきりと押された。1次リーグで見せた、FWで優位に立ち、BKに展開してトライを奪う、日本の形はほとんど出せなかった。CTB中村亮土は「世界との差を感じた。圧力が、本当のトップチームと感じられた」と力なく振り返った。

 もちろん、世界から称賛を浴びた日本の快進撃が色褪せるものではない。日本が強くなればなるほど、また世界の強豪の強さも浮き彫りになる。頂は高い。日本はその道の途中を、一歩一歩着実に踏みしめていく。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集