[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

開幕1週間で観客42万超を記録、海外でも高い注目 組織委「この上なく素晴らしい」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は27日に開幕から1週間を迎えた。大会組織委員会は「第1週を終えて」と題し、ここまでの大会を振り返り、観客動員数が1週間で42万人を超えたことを公表した。

観客動員数は1週間で42万人を超えた【写真:Getty Images】
観客動員数は1週間で42万人を超えた【写真:Getty Images】

大会事務総長「日本の対応に世界中から多くのポジティブなコメントを頂いている」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は27日に開幕から1週間を迎えた。大会組織委員会は「第1週を終えて」と題し、ここまでの大会を振り返り、観客動員数が1週間で42万人を超えたことを公表した。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

○観客動員数

 1週間で延べ42万6236人を記録し、1試合の平均観客数は3万5520人。最も多かったのは21日に行われたアイルランド―スコットランドの6万3731人。開幕戦だった日本―ロシアの4万5745人を上回った。チケット販売も好調で現在、販売可能席の97%が販売済み。なお、一部の試合ではまだチケットを購入することができる。 

○ファンゾーン観客来場者数

 各開催都市で楽しまれる無料のファンゾーンは16か所で開催。開幕から全会場とも多くのファンで溢れ、7日間で約27万人が来場。開幕戦が行われた20日だけでも6万7000人がファンゾーンを訪れた。 
 
○海外でも高い注目を浴びる放送視聴者数

 今大会は世界中から高い注目を浴び、英放送局「ITV」の開幕戦の視聴率は20%を超え、朝の時間帯にも関わらず、瞬間最大100 万人もの視聴者数を集めた。また、イングランド―トンガ(22日)は瞬間最大470万人、アイルランド―スコットランド(22日)は同32 万人の視聴者数を集めた。フランスでも、フランス―アルゼンチン(21日)は、瞬間最大310万人の視聴者が観戦した(数字はワールドラグビー調べ)。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集