[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松島、日本初ハットの大活躍も猛省を忘れなかったワケ「そこを仕留められないと…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に開幕し、日本は開幕戦でロシアに30-10と快勝した。日本代表としては史上初の“ハットトリック”を決める大活躍を見せたWTB松島幸太朗。この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(最優秀選手)に選ばれるなど、快足を生かして誰もが認める大暴れだったが、試合後は「チームとしてもっとトライできたと思う」と猛省を忘れなかった。

松島幸太朗はハットトリックを記録する大暴れ【写真:Getty Images】
松島幸太朗はハットトリックを記録する大暴れ【写真:Getty Images】

開幕戦2日前にチームメートから発破「中村亮土がいなかったらできなかった」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に開幕し、日本は開幕戦でロシアに30-10と快勝した。日本代表としては史上初の“ハットトリック”を決める大活躍を見せたWTB松島幸太朗。この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(最優秀選手)に選ばれるなど、快足を生かして誰もが認める大暴れだったが、試合後は「チームとしてもっとトライできたと思う」と猛省を忘れなかった。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 まさに、勝って兜の緒を締めよ、だ。チームメートが繋いだボールを受け取ると、嗅覚よくスペースを見つけてトライを重ねた。前半34分にはロシア選手の強烈なタックルを受けながらもゴール右隅にトライを試みたが、TMO(ビデオ判定)の結果、ノックオン。実質4トライをゴールエリアに運び、ロシアに大会1号トライを許してしまった日本の起爆剤となった。ハットトリックを決めたことについて、試合後のミックスゾーンでは「代表では初めてなので、すごくうれしいです」と落ち着いて話した。

 開幕戦の2日前に行われた記者会見では、同席したCTB中村亮土に「松島は3トライを取ると言っているので、有言実行してもらいます」と無茶ぶりされた。この言葉で松島は「ハットトリックを意識しながらできた」とし、「中村亮土がいなかったらできなかった。その言葉が助けになった」と“好アシスト”に感謝。チームスローガン「ワンチーム」を体現する勝利に「しっかり1つのチームにまとまって行動するのが、自分たちのチームの強みでもある」と胸を張った。だが、同時に苦戦を強いられた事実も反省。頭の中にはすでに次戦アイルランド戦(28日)に向けての課題が浮かび上がっている。

「しっかり外のスペースを見て、どこにスペースがあるか内(にいる選手)に伝えることができたんですけど、途中でノックオンだったりミスがあった。チームとしてもっとトライできたと思う。そこを仕留められないと、この先厳しい戦いになると思うので、しっかりフィニッシュできるようにしたいです」

 世界ランク1位のアイルランドに勝利すれば、初のベスト8進出がグンと近づく。「思った以上にみんな緊張していたけど、今日の試合でW杯の雰囲気を知れたと思う。この硬さが来週の試合に取れていれば」。相手ディフェンスの警戒が強まる中でも、快足を生かすスペースを見つけられるか。チームはもちろん、松島の真価が問われる試合となりそうだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集