[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

帰ってきた三菱重工相模原 39歳藤田幸仁が「もう1回」で掴んだトップリーグの舞台

日本ラグビーにおける最高峰リーグ、ジャパンラグビートップリーグが12日、2019-2020シーズンの開幕を迎える。昨年のワールドカップ(W杯)開催に伴い、1月12日から5月9日までの期間に全16チームが総当たり戦を行い、優勝を争う。今季はトップチャレンジリーグから2チームが昇格。その1つが2007-2008シーズン以来、12年ぶりのトップリーグ復帰を果たした三菱重工相模原ダイナボアーズだ。「THE ANSWER」では、今季チームの鍵を握る3選手をインタビュー。第1回はPR(プロップ)藤田幸仁だ。

三菱重工相模原ダイナボアーズの藤田幸仁【写真:荒川祐史】
三菱重工相模原ダイナボアーズの藤田幸仁【写真:荒川祐史】

三菱重工相模原の最年長プレーヤーが抱き続けた「もう1回」の想い

 日本ラグビーにおける最高峰リーグ、ジャパンラグビートップリーグが12日、2019-2020シーズンの開幕を迎える。昨年のワールドカップ(W杯)開催に伴い、1月12日から5月9日までの期間に全16チームが総当たり戦を行い、優勝を争う。今季はトップチャレンジリーグから2チームが昇格。その1つが2007-2008シーズン以来、12年ぶりのトップリーグ復帰を果たした三菱重工相模原ダイナボアーズだ。「THE ANSWER」では、今季チームの鍵を握る3選手をインタビュー。第1回はPR(プロップ)藤田幸仁だ。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 ◇ ◇ ◇

 現在のメンバーで12年前を知るのは、藤田幸仁が唯一の人物だ。2007年、藤田は入社5年目の26歳。念願のトップリーグに昇格したが、1勝も挙げられずに降格という悔しさを味わった。翌年から再びトップリーグを目指す戦いをスタート。そして、12年――。

「長かったですね~」

 そう豪快に笑いながら目を細めると、藤田は再昇格までの道のりを振り返った。昨シーズンの入れ替え戦で豊田自動織機シャトルズに31-7と圧勝して決めた、2007-2008シーズン以来のトップリーグ昇格。その前年までは6シーズン連続で入れ替え戦に出場しながら、あと一歩が届かなかった。さらに遡れば、降格した2008-2009シーズンから4シーズンは入れ替え戦にも出場できない時期を過ごしている。

 だが、この間、藤田の心に変わらずあり続けた想いがある。もう1回あの舞台でラグビーをしたい――。それだけだった。

「対戦相手は強いところばかりで、僕らが一番格下。全敗しちゃったんですけど、『俺ってラグビー選手だな』と感じられて、心地よかったんですよね。『もう1回あそこでやりたい』と思える場所だった。この12年、『もう1回』という想いが一番強かったですね。だから、早々に戻っていれば、もうとっくに引退していたかもしれません」

「もう1回」と想い続け、社員としての業務と練習を両立する日々。全力でスクラムの最前列を務め、地道にチームを支え続けてきたら、気が付くと39歳を迎える年になっていた。「ここまでやるなんて、ホント想像していませんよね」と照れくさそうに笑う。

 ラグビーに出会ったのは、地元・岩手の宮古高校だった。「部活だったので高校で辞めるつもりでいたんです」と言うが、才能を見抜いた高校の恩師に勧められ「言われるがままに(笑)」中央大学に進学。だが、大学ではやりきった感覚が得られず、「ここでラグビーを辞めたら後悔するな」と三菱重工相模原でラグビーを続けることにした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集