[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

帰ってきた三菱重工相模原 39歳藤田幸仁が「もう1回」で掴んだトップリーグの舞台

トップリーグ開幕日に迎える39歳の誕生日、念願の初勝利を飾れるか

 社会人として17度目のシーズンが始まるが、身体に怪我は付きものでも致命傷には至っていない。心もまだまだ元気なままだ。30歳を越えたあたりから「引退」の文字は頭の隅で見え隠れしているが、現実的な選択肢として考えたことはないという。

「僕が社会人になった時は、30歳を過ぎて現役だったら『あの人、相当長いな』と言われる時代だったんです。だから、30歳を越えたあたりから『心と身体とどっちが先にダメになるのかな』というのが、自分の中ではずっとあるんですけど、毎日『まだ大丈夫だな。体、いけるな。メンタルも大丈夫だな』と思いながら今に至っていますね。

 サッカーや野球のプロ選手が引退を決めた瞬間とか、よくテレビで見るじゃないですか。あれを見ると『あ、自分にもそういう時が来るのかな?』と思うんですけど、いまだに来ないんです(笑)。中田英寿さんや新庄剛志さんみたいに、まだまだ体が動く時に辞めてしまう人もいれば、三浦カズさんのように現役を続ける人もいる。どっちがいいのかなって、ずっと考えていたら、ここまで来ていました」

 ラグビーに対する基本的な姿勢は変わらず、「いつ終わってもいいように、その日の練習をちゃんとやりきろう、全力を出し切ろうと思っています」と言い切る。頑丈な身体を持っているとは言え、激しいコンタクトスポーツだけに常に怪我とは隣り合わせ。「『明日やればいい』じゃなくて、『今日ここで出し切らないと、もし明日怪我して終わったら後悔する』というのがありますね」の言葉は力強い。

 今シーズン開幕を迎える1月12日は、藤田の39度目の誕生日でもある。12年ぶりに昇格したトップリーグでチームの歴史に残る「1勝目」を飾れたら、それ以上の祝福はないだろう。勝つためには何が必要なのか。そう質問すると「僕は勝ったことがないので……(笑)」とバツが悪そうに笑った。確かにトップリーグで勝った経験はないかもしれない。だが、「もう1回」と想い続け、その想いを実現させた藤田の真っ直ぐな姿にこそ、勝つためのヒントは隠されているのかもしれない。

 チームにはトップリーグ経験者が増え、プロ契約選手が増えた。トップチャレンジリーグの常連になり、トップリーグを経験したチームとの対戦も重ねた。チームの底力がアップしたことは、その真っ只中で変化を感じてきた藤田が一番知っている。悲願の1勝目も「前回よりは期待できるのかなって思いますね」と、控え目ながら自信を持っている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集