[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

SS賞の大谷翔平は何が凄かったのか 飛躍のチームメートが「劇的に増えた」と語る数値

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、ア・リーグの指名打者部門で「シルバースラッガー賞」を受賞したことが発表された。MVP最有力候補にも挙がる二刀流だが、間近で見てきた同僚はその凄さを改めて語っているようだ。米メディアがインタビュー音声を公開している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

29本塁打記録のウォルシュが大谷を称賛

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、ア・リーグの指名打者部門で「シルバースラッガー賞」を受賞したことが発表された。MVP最有力候補にも挙がる二刀流だが、間近で見てきた同僚はその凄さを改めて語っているようだ。米メディアがインタビュー音声を公開している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷の凄さを語っているのは、同僚のジャレッド・ウォルシュ内野手だ。今季打率.277、29本塁打、98打点と飛躍。球宴にも出場した28歳は、大谷の後の打順を打つことも多かった。

 米衛星ラジオ「シリウスXM」のチャンネル「MLBネットワークラジオ」公式ツイッターは、「ショウヘイ・オオタニは驚異的だ。エンゼルスのトップ左強打者とメジャーの投手を同時にこなすことがどれだけ難しいか、地球上で誰も分からない。もちろん、この男以外はね」と投稿文面につづり、ウォルシュと質問者のやり取りを音声で公開している。

「彼(大谷)の素晴らしいシーズンを間近で見たわけだけど、我々には分からない、君にとってとても響いた部分は何だった?」と問われたウォルシュは「パワーとか奪三振能力とか明らかなものもあるけど、今季彼の四球数は劇的に増えたよね。多分投手が投げるのを怖がったからだろうけど、選球力がとても良くなったと思う」と語っている。

 今季大谷はリーグ3位の96四球を選んだ。強打者の証とも言える数値だが、ウォルシュはここに大谷の進化を感じていたという。

 ウォルシュは2019年にメジャーデビュー。同年は投手として5試合に登板し、計5回を投げて防御率1.80。野手としても31試合に出場し、本塁打も放った。20年は野手に専念したものの、大谷と同じく二刀流選手としてプレー経験がある。

「二刀流に再び挑戦したいと考えたことは?」と問われると「頭ではもちろん考えたことがある。投手として打者と一対一で試合をコントロールすることができるからね。身体的には絶対に無理。やりたいとは全く思わない。打って一塁手やるだけで体的には精一杯。マウンドにも上がるなんてやりたくないよ」と肉体的負担の大きさについて語っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集