[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子スポーツのこれからに必要なこと 集客、メディア露出など現役WEリーガーも討論

スポーツチャンネル「DAZN」がアジェンダパートナーを務める「SOCIAL INNOVATION WEEK 2021」の6日目が今月10日に行われ、「Long Panel Discussion|Respect is knowing スポーツと女性のこれから」と題したパネルディスカッションに、日本女子プロサッカーリーグチェアの岡島喜久子氏、プロサッカー選手・荒川恵理子氏(ちふれASエルフェン埼玉)と田中美南氏(INAC神戸レオネッサ)、インフォバーングループ本社代表取締CEOの今田素子氏、Number編集部メディア・プロデューサーの藤森三奈氏、DAZN JAPAN Vice President Communications & PRの松岡けい氏、一般社団法人渋谷未来デザイン理事・事務局次長の長田新子氏が登壇した。

「SOCIAL INNOVATION WEEK 2021」の6日目が今月10日に開催
「SOCIAL INNOVATION WEEK 2021」の6日目が今月10日に開催

リーグ、選手、メディア、地域と様々な視点で考える女子スポーツ

 スポーツチャンネル「DAZN」がアジェンダパートナーを務める「SOCIAL INNOVATION WEEK 2021」の6日目が今月10日に行われ、「Long Panel Discussion|Respect is knowing スポーツと女性のこれから」と題したパネルディスカッションに、日本女子プロサッカーリーグチェアの岡島喜久子氏、プロサッカー選手・荒川恵理子氏(ちふれASエルフェン埼玉)と田中美南氏(INAC神戸レオネッサ)、インフォバーングループ本社代表取締CEOの今田素子氏、Number編集部メディア・プロデューサーの藤森三奈氏、DAZN JAPAN Vice President Communications & PRの松岡けい氏、一般社団法人渋谷未来デザイン理事・事務局次長の長田新子氏が登壇した。

【特集】「タブーなしで考える女性アスリートのニューノーマル」 THE ANSWER的「国際女性ウィーク」特設サイトはこちら

 ◇   ◇   ◇

 昨年、アメリカで始まったBlack Lives Matter(ブラック・ライブズ・マター)は世界的なムーブメントに拡大し、スポーツ界でも多くの選手が声を上げた。東京五輪でも、サッカー女子日本代表がイギリスと対戦したグループリーグ第2戦、キックオフ直前に片膝をつくアクションを通して人種差別に抗議したことは記憶に新しい。これらのムーブメントは人種差別問題に留まらず、ジェンダーに関する議論にも発展している。

 東京五輪では48.8%という過去最高の女性アスリートの参加率を記録し、直後には日本初の女子プロサッカーリーグ・WEリーグが開幕した。岡島チェアは、「2011年になでしこはワールドカップ(W杯)で優勝し、今年の東京五輪ではベスト8に終わった。日本が弱くなったわけではなく、プロリーグができたことで、世界の女子サッカーのレベルが上がった。もう一度、なでしこが世界のトップに立つにはプロリーグが必要でした」と設立理由を語った。

 パネルディスカッションでは、リーグ、選手、メディア、地域と様々な視点から女子スポーツの盛り上がりについて意見が飛び交った。Number編集部の藤森氏から「観客をどうやったら集められるか。目の肥えた男性サッカーファンにとってはちょっと物足りないという人もいます。新しいファン層を意識しているのか」と質問が飛ぶと、岡島チェアは二つのグループを想定していると答えた。

「まずは、サッカーに興味ある子どもがいるファミリーにみんなで見に来ていただきたい。そのためにサッカー以外のコンテンツ、例えば食べ物やキックゲームなどの楽しいことが必要だと思う。次に女性です。これまでは女性が女子スポーツを見ることはあまりなかったと思うので、特に選手と同じぐらいの年齢の女性に興味を持ってほしいと思っている。この二つのグループの集客を考えていきたい」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集